2010/10/26

インド料理の広がり

ハナビラクマノミ(Pink anemonefish) <dfn>Amphiprion perideraion</dfn> (Bleeker, 1855) <br/> 動物界(Animalia)  脊索動物門(Chordata)  条鰭綱(Actinopterygii)  スズキ目(Perciformes)  スズメダイ科(Pomacentridae)  Amphiprion属(<dfn>Amphiprion</dfn>) <br/>  <br/> タマイタダキイソギンチャク(Sea anemone) <dfn>Entacmaea ramsayi</dfn>  <br/> 動物界(Animalia)  刺胞動物門(Cnidaria)  花虫綱(Anthozoa)  イソギンチャク目(Actiniaria)  ウメボシイソギンチャク科(Actiniidae)  Entacmaea属(<dfn>Entacmaea</dfn>)

 毎日毎日、インド料理の弁当を作り続けて、はや2ヶ月だ。ちょっとは上手く作れるようになったと思いたいが、作れるように料理の多様性がやっぱり厳しい。

 圧力鍋やウェットグラインダーがあればサンバールなどを作るのに非常に便利だが場所を取るのが歓迎されない。

 現行で毛色を変えるならチャパーティーなど、ご飯以外のものも考えなきゃ。

 いろいろ勉強だ。
Published with Blogger-droid v1.6.3

0 件のコメント: