2018/04/19

Essential Phone の純正充電器による充電スピードが驚異的

少しの時間刺して置くだけでグーンと充電を満たしてくれます。凄いですよね。

以前はずーっと電源供給していないと気がすまなかったけど、今はぎりぎりまで残量を減らすことを目標にしている。

今どきの端末はみんなこんなものだろうか。時代が変わった感があるなぁ。

2018/04/18

イヤフォンのコードはいつの間にか後ろ回し(うなじ経路)しなくなってるのね。


最近買った有線のイヤフォン。以前のイヤフォンといえば片方のピースを首の後ろに回していたものだが、今どきのイヤフォンはそのまま前に垂らすようにできている。

理由は多分マイクだ。右のマイクが口の近くにある状態を作ろうとすると後ろに回すわけにはいかない、ということだろう。

以前のイヤフォンはコントローラーだけだったので左胸の近くにある方が右手で操作しやすかったということに繋がると。

なるほど。

2018/04/17

ホスティングサービスを利用しようかなぁ


さくらのVPS で1つ、サイトを動かしてるんだけど管理がしきれないのでシャットダウンすることにした。でもオンラインに自分用のWikiがあると便利なんで何かしておきたい。

今メインで使っている Dokuwiki のサイトで提携ホスティングに A2 Hosting というサービスが紹介されている。

ざくっと調べてみると全然悪い評判がない。

もう暫くしたら使ってみよう。

2018/04/16

Essential phone 暗所でのRAW画像のザラツキは砂絵レベル


三脚で固定していないのでズレてますが、粒状感はこんな感じ。これはRAWで保存したデータを無加工でGoogle Photosで表示しているもの。
流石にここまで粒がデカイとソフトウェアでカバーできないだろう。

Essential phone $399.99 on Amazon.com


通常価格から 100ドル安くなってる。値下げが多いから定価で買う人いるんだろうかと心配になってしまう。

ぼちぼち Essential phone 2 の話も出てきてるので経営的に安定して欲しいな。

2018/04/13

Essential phone photo: Compare Color and Monochrome


Essential phone はモノクロカメラ搭載。比較用に同じ場面を撮ってみた。
モノクロ用の画素というのはちょっとした夢がある。光の3原色の感受素子を光の強さの感受だけに置き換えたらノイズに強くラティチュードの深い画像が撮れるのではないか、という話。
ただし、一般的な画像はどんなに綺麗に撮れても256階調(2の8乗)でしか各色、明るさを表現できないので、それを512なり1024階調でということになると現状では医療用画像診断システムが必要になる。

2018/04/12

Essential Phone のリアカメラの最低感度は ISO50


明るい所で撮影すると ISO50 になる。これまで使ったカメラの中では一番小さい数字。

夜景を撮ると ISO3000 オーバー。


上の写真だとシャッタースピードは 1/15 sec。これは意図的に手ブレ防止のために高感度に振っているような気がする。

画質優先モードを作って、1/5 sec で撮影できるようにしたらもうちょっと画質が良くなると思うのだが。

縦画像と横画像、インパクトと迫力


横画像が大きいのは迫力があるけど、縦画像は大きさの制限がないからインパクトが大きい。

どっちを使うかよく悩む。

いいとこ取りは正方形。



でも加工する手間が少し面倒なんだなぁ。



好みの問題だけど。

2018/04/09

Essential phone のカメラ構造をもっと知りたい。

クリスピー過ぎる?


ピントが合うのは嬉しいことなんだけど、ちょっとカリカリ過ぎないかな。Essential phone はカラーとモノクロの2つのレンズを持つのだが合成するプロセスがあるのだろうか。

謎のフレア

フレアというのは通常明るい環境で強光源にレンズを向けたときに発生するものであるが、Essential Phone は夜景を撮ると謎の光点が現れた。


あり得ない場所に直線の光源が写っている。保護ガラスとレンズの間で反射が発生しているような感じだ。
もう一回検証しておこう。

2018/04/08

Essential Phone Rear Camera: Compare HDR On and Off


Essential Phone のカメラは HDR Off を推奨している。HDRを使いたければ明るい時が良いというアドバイスをくれる。

ちょうど逆光になるシチュエーションがあったので、撮り比べてみた。

上が HDR On

下が HDR Off

Exifに HDRの適用有無が表示されないので実際にHDRで撮られたものがどれなのかいまいち分からないので機械任せにしようかな。

なかなかいい感じだと思うな。


Essential phone のカメラは解像度が高い。かなり凄い。


細かいところまで映り込む物凄い解像度の高さ

予想に反して、Essential Phone のカメラの性能が凄い。特に解像度が物凄い高くて感動ものなのだ。上の写真を等倍で切り出したのが下の画像。



ざっと、ネットで調べた限りではカメラモジュールの製造元について書かれた記事はないようだ。(参考)Essential Phoneの分解 - iFixit

マクロもいけます。


そして、測ってはいませんが結構近くも撮れます。


アダンソンハエトリ (Hasarius adansoni (Audouin, 1897)) の幼体も等倍で切り出してみましょう。


今後に期待大

Essential Phone のカメラは発売当初はとてつもなく酷評されていたんですが、バージョンアップによって良くなったそうです。ということは、今後も進化が期待できるということなのでワクワクしますね。

2018/04/05

Essential phone のカメラは予想していたよりも悪くない。


Essential phone PH-1 のカメラ機能をつらつらと確認中。今のところ酷評されていた程のことは無いかなぁという印象。結構近くまで撮れるし、ディーテイルも綺麗でエッジが立っている写真になっている。

ただ、薄暗い環境でのボヤボヤ具合は古いスマートフォンのようだ。もう少し試してみたい。

2018/04/04

Essential phone has come. It seems Nexus.


US Amazon で購入した Essential phone が届いた。Amazon exclusive の Halo Black というマットブラックなのだがいい感じだ。

第一印象は凄くいい。アプリがほとんど入ってない割り切り感が凄い。


Google製のアプリさえほとんど入ってないので、Nexus よりもスッキリしている。


電源を落として充電すると、タンブラーに充填されます。可愛い所作で気に入った。 カメラと細かい話は後にして、端末はすごい気に入った。 いいよ、コレ。