2018/07/13

Google アンケートがなかなか頼もしい。100円貰えたこともある。

どういうタイミングで聞いてくれるのかよく分からないんだけど、Google アンケートに答えると多い時で 100円位を貰える。大体平均すると40円位。1か月で1000円ほど貯まるのでもっぱら電子書籍を買っている。何を買うかとても悩ましいのだ。

クリエイティビティレス


最近、自分の中から創作意欲が失われていて情けない。何かを作るというのはとても大切な事で、作る事を止めるとなかなか元に戻せないのは分かっていても続けていける確信がない。本当はやりたい事が一杯あるのだが今の生活を続けている限り何も出来ないように思う。変えればいいじゃんと思うのだがなかなか現実はままならん。

2018/07/12

写真を撮るのは楽しい。


なかなか写真を撮影する為の活動ができないのだが、気になったものをパラパラと撮っている。それを改めて観ながらあれやこれやと考えるのは楽しい。

今は自然の中で暮らしたいという気持ちが強くなっていて、緑や生き物と一緒に暮らしたい。そこで写真を撮って暮らして行きたいなぁ。

先日、田園風景のなかを車で走ったのだがすごい楽しかった。安い借家があれば借りて活動拠点にしたい。

Wiki を積極的に使う人ってなんで限定されるのだろう。


今の仕事は徒弟制でやることを伝える方法でしかやらないといけない事が伝わらない。皆自分の為に一所懸命メモや自分用のマニュアルを作っているけど、それに目一杯で皆のための何かをまとめない。自発性に任せるあまり組織性が弱いのだ。

結果としては毎年同じ事で新任者が躓き、間違い、困っている。それを仕方が無いと片付けるのが自分としては納得できない。

自分は最初から Wiki でまとめて皆が見えるようにしている。でも編集に参加してくれることも無く、貴重な体験や出来事が記憶の彼方に消えてしまっている。

自分が詳しくなっても人事異動で居なくなれば組織的な問題解決能力は単純に弱くなる。それが分かっているのに何もしないのが僕から見ると情けなくてやる気が削がれる。

今年はその辺りをなんとかしようと、Wiki を公式の組織ツールに位置付けて、活用してもらう事にした。でも皆がちゃんと活用してくれるか不安だ、、、。とても不安だ。

本当はこういうツールが一番必要なのが管理部門の筈なのだ。でも彼らは些細な事と大きな事を一緒に考えて、どう使う、活用するという事を考える事ができないらしい。

むむむ。

2018/07/11

USBとバッテリーの便利さが一般化してきて良かった良かった。


USBが初めて登場したのは Window95 2nd Edition からだから、かれこれ20年かかって世の中に浸透した訳だ。主に電源供給手段として。

扇風機をはじめ、オゾン脱臭機やイヤフォン、カメラ、テーブルライト、雑多なものがUSBを介して充電されコードレスで使えている。これまでACアダプターが必要だったものがコード一本で充電したり使えたりするのはある意味パラダイムシフトだ。テーブルタップの代わりにマルチポートのUSB充電器が置かれるようになるんだろう。USB TYPE C だとオート数の少なさが将来的に問題になりそうだ。

最初は誰もここまで汎用的に使われるとは思ってなかっただろう。凄いことだ。


  • 最近良いなと思うのがカメラのバッテリーをモバイルバッテリーから充電するアダプターだ。ソニーのカメラは本体をUSBで充電できるけどバッテリーはACか本体でしか充電できなかった。撮影しながらバッテリーを充電できたらイイのにと思っていたら中国人がさっさと作り込んでアマゾンで売っていた。中国製は法規制に甘いんで結構怖いけど周辺機器開発の身軽さは正直すごく感心する。


Google Maps に提供した写真の閲覧数が 10,000,000回を突破。


トップレベルの人達は何億とかいってるんでしょうけど、とりあえずは切りの良いマイルストン達成。

5,000,000回表示されたのが 2017年9月なので10か月で倍になったというなかなかのハイペース。

スマートフォンを Nexus 5X から Essential phone に替えてシャッター音が随分大きくなってしまったので写真を撮りにくくなったため新規登録があまり捗らない。困ったもんだ。

Google は次の Pixel も日本で売ってくれないんだろうか。

2018/07/10

カレーに焼きナスが便利


いわゆる日本的なカレーは炒めより煮込み重視なのでナスを使うならそのまま切ってちょっと炒めて煮込みとなるのだが、同じ事を炒めてカレーを作るとナスが油を吸ってしまうんで炒めにならない。でもナスのカレーは旨いし、増量にも粘り成分にもなるので便利なんですよね。

で、方法として思い付いたのが焼きナスにする事。焼くことで水分がでて油を吸い込まなくなるし甘みも出る。最終的には殆どナスの形も残ってないけどなかなか便利です。

安いヘッドフォンのイヤーカップを持って両手で広げたらバキンと回転機構が折れた。


3年程前に買った 3000円ほどのBluetooth ヘッドフォン、最近になって音が良いのを再評価してよく使うようになっていた。昨日はイヤフォンを職場に忘れていたのでコイツを出勤時に使っていたのだが、外そうと思ってイヤーカップを持って広げたら壊れてしまった。

回転機構がプラスチックなので流石に強度が無かったというのが原因だ。取り敢えず、回転しないように固定して使うことにする。横ズレに強い接着剤を買わなければ。

最近は音響製品がかなり安い物が売られるようになった。多くは中国製なのだが驚くのは種類の多さだ。1万以上出して買っていたBluetoothヘッドフォンが見た目や仕上げの悪さに目をつぶれば 2300円で手に入る。でも、安くしたことで壊れやすくなるのは残念なことだ。

TSdrena Bluetooth4.1オーバーヘッドホン (英国CSR社チップ搭載/apt-X対応) 通話マイク搭載 密閉型/折りたたみ式 AUD-BSHDP01

2018/07/09

ワイシャツに下にTシャツを着ないのはどこの国?


日本だとポロシャツの下にタンクトップの肌着を着ている人も珍しくないんだけど、これまであったアメリカ人は肌に直接シャツを着ている人が多かった。ドラマでもそんな感じ。どの辺りの文化圏でそうなんだろう?

白い靴下と白い靴


うちの子供の中学校だけなのか神戸市立中学校は全てなのかわからないが靴は白っぽい物で靴下は白いという組み合わせだ。正直言って野暮ったい。

制服とか標準服は親の所得格差を目立たなくするという役割や過度にオシャレにのめり込むのを防ぐ役割があるので反対はしないのだが唯一白い靴下は否定したい。大人になって縁が無くなるのが白い靴下だ。作業着以外で白い靴下を履いているサラリーマンなんか僕は一人しか知らない。その人は中学校教師なのである意味立派だ。


Google Photos のパノラマ作成


Google Photos のパノラマ作成機能が以前アシスタントから使えたと思っていたけど今はメニューに無い。でも自動生成して「こんなのどう?」って提案してくれる。自分でコントロールできないのは癪だが、Essential phoneのカメラにはパノラマ撮影が無いので助かる。

2018/07/06

格好悪い合理性


自分が正しいと思っている訳じゃないけれど、人のこだわりっていうのの厄介さを最近よく考える。

例えば、混んだ場所でも絶対にリュックサック(デイバッグ)を背中から外さない人がいる。自分も他の人のリュックが邪魔になった事があるだろうに頑なに背負う。僕は歩く時には背負うけど人が多くなると胸側に掛ける。電車やバスから降りる時は腰から下にぶら下げる。人に当てるのが申し訳ないから。

その人なりの合理性がこだわりとなって日常生活に出てきてるんだけど、こういうのは格好悪いんじゃないかな。しかもその人なりの合理性がバックグラウンドにあるからそうそうやり方を変えない思われる。

人のことを気にしすぎるのも問題だけど、もうちょっと全体から見た合理性で考えてくれたら小さな不便が少なくなるんじゃないかな、と思う。

Mother's のチャトニーのラインナップがナイス


久し振りに神戸ハラルフードに買い出しに行った。インドネシア製品の占有率がどんどん大きくなる中嬉しいライナップが増えていた。

チャトニーというのはソースと薬味が一緒になったような物なんだけど辛かったり塩っぱかったり味をベースに酸味や甘みとスパイスの香味を足し込んだもので、たとえばサモーサに掛けるのはタマリンドとデーツのペーストのスイートチリソースのよう味で旨いのだ。

特に旨いのはヨーグルトとスナック(ナムキーン)出会った時。それぞれに掛けても旨いのだがオススメはスナックにヨーグルトを掛けてその上からチャトニーをドバっと掛けて頂くと、ヨーグルトの酸味とクリーミーな食感、ナムキーンのスパイシーさとパリパリの食感が合わさって美味しいのです。

インド(行ったことないけど)のストリートフードの軽食文化というのはとても面白いもので非常に食欲をそそる物が多いです。日本でも食べやすくなって欲しいところ。


上は東京のゴヴィンダスのサモサチャート。崩したサモーサにヨーグルトを掛けて、チャトニーを掛けて、セヴというひよこ豆の粉を細く揚げたものが掛かっています。見た目はなんですがとても旨い、大好物です。

2018/07/05

どんどん小さくなるコンビニの食品。


最近はいろんな理由を付けて食べ物が小さくなっている。特にセブンイレブンはその傾向が顕著だ。上のサンドイッチも本当に一口サイズなのだがわざわざ小さいサイズに切り出しているのではなくて、元のパン自体のサイズが小さくて三角のサンドイッチもかなり小さくなっている。なんか釈然としないのでセブンイレブンでは買い物をしないようにしている。

でも最初に小さくなったのがわかり易かったのはスシローのシャリ。軍艦巻きの海苔より具が低くなって、これでは軍艦と呼べない。


2018/07/04

バタンキュー


最近身体の調子がおかしくて、とても疲れるのだ。昨日も帰宅して晩ご飯食べて自室で横になったら朝になっていた。
色々やりたい事ややった方がいい事があるのだけれど体が動かない。日中、眼鏡を掛けて仕事をしていると目が疲れて仕方がなく鎮痛剤を飲んでいるのだが毎日飲むのと耐性ができてしまうし、どうしたらいいのかよく分からない。

ミラーレス一眼でも接眼モニターはピント調整可能だった。


眼鏡を掛けた時と裸眼の視力が違いすぎるので調整できないと思っていたミラーレス一眼カメラのの接眼モニターがちゃんと調整可能で眼鏡を掛けたままでもピンと合わせができることが分かった。無理して試した甲斐があった。
これは久し振りに水族館に行かねば。

2018/07/03

自家用車が無くなりそうだ。


以前、陸橋の上で止まってしまったプジョー306がまたストールするようになってしまった。掘り込みの駐車場の一番下に停めているので集中豪雨で電装系が傷んだのかもしれない。アイドリングからアクセラレーターを踏み込んだらストールしてしまうので信号待ちがかなり不安。流石に常用するのは厳しい。もう気分的には手放している。

この車の次は車を持たない生活が待っている。必要な時だけレンタカーだ。タイムズのカーレンタルを利用すれば色んな車に乗れるのが面白そうではある。

個人的にはスバルかミニのステーションワゴンが欲しかったのだが諦めだ。

2018/07/02

遠慮したって相手が分かってくれなきゃ意味が無い。


自分で言うのもなんですが、いつも遠慮しているというか、相手のことを否定しないように物事を考え、どう答えるかを逡巡している。だから言葉がすぐに出ない場合もあるし、またそんなことを言いに来ていると応えたくなくなる時がある。

昨日、うちの車がまたストールしたのだがとある人がどんな時にというより、「どういうことをしようとした時に起きたのか」をあれをした時か、別のことをした時か、それとも別の事かの選択肢と突き付けてくる。それに対して最初に思うのが「云ってどうなる?、考える時間も作らせないのか」となる。そんな簡単に答えられない。この時点でもやもや。

で、いつ止まるか不安なんでレンターカー借りて用事を済ませて郊外のイオンの屋内駐車場で空きスペースを探してる時に「向こうに空いてる」と言われるがそこは右折しないと行けない場所。左折しかできない場所でそれを言われても無理。そのまま左折したらそれが気に入らなかったらしい。結局見つけることができず屋外に止める事にしたのだが「なんで話しを聞かないのか」と久し振りにキレられる。行けないところだったと言っても行けるところだったと返してくるから話しにならない。自分が正しいとしか言わない相手を納得させるのは無理なのだ。

そもそも駐車場で場所探しに一所懸命になるのは僕の嫌いなことなのだ。停めやすい所にとっとと停めて歩きたい。でも僕はそれを主張しない。主張する方が後々楽なんだろうけど相手がいれば相手を優先したい。でもそれが当たり前になった時に嫌になってしまう。矛盾しているようだが遠慮というのは目に見える様にした方が良いのだろう。

モヤモヤする。