2018/05/25

ベテランの視点、所作を可視化する作業に取り組む


非効率な業務は家内製手工業に似ている

2年連続で新任者に業務を教える担当になった。教えるのは嫌いではないので苦痛ではないのだが、教えるという事に関して色々と考えることになる。

今の業務は電算システムがOAと呼ばれていた頃に構築され、使い勝手にパラダイムシフトもなく現在に至るというレガシーを通り越してエインシェント(ancient)なものだ。石ですり潰していたものを薬研を使うようになったみたいな。

業務を教えるというのがなかなか厄介で名ばかりシステムを使う為には 使用者側が どう使うという判断を条件分岐しなければならない。なので新しい条件が出てきた時に使い方を解説しなければならないのだ。

こういう判断基準になる部分というのは日常に埋もれて記録されにくいし、覚えたらおしまいなのでなかなか文書化されにくい部分だ。覚えた後は繰り返し繰り返し同じ事をし、そのなかで出てくる例外を糧に経験値と適応力を上げていく感じ。

この方式の欠点はいくつか(いくつも)あるのだが、主なものは

  • 経験しなかった事は初任者と変わらない。
  • 効率化が個人的努力目標になりがち。
  • 個人間に能力や理解のバラツキが生じる。
こういう問題は今の業務特有のものではなく、家内製手工業的な分野では普遍的な課題だ。これを解決するためのアプローチの研究は色々あるがよく言われるのが、
  • 見える化
  • 標準化
辺りだろう。今回はシステムによる効率化は期待できないので人力部分の改善を試みることにする。

ベテランは何を見ているのか(=初任者は何を見落とすのか)

 ベテランと初任者の大きな違いというのはイレギュラーに気が付くかどうかという点だと思う。イレギュラーに気が付くというのは内容の相関性に違和感を感じるという事。複数の値がある時にその中の一部の数字に何か不整合が生じている可能性を発見できる能力というのは内容を見ながら値間の相関性を頭の中で計りそれがズレた場合に違和感となって発露する。
 それは単に経験があるから感じるというものではなく、値を再現するように自然に順を追って値を追いかけていっているから気が付きやすい。初任者が見落としやすいというのは相関性を確認できるような見方を知らない、確立するのに十分な経験が不足しているからだ。


2018/05/23

防腐剤の入っていないドライアイ用点眼薬


1996年以来パソコンを使い続けているのだが、ここ何年かひどいドライアイに悩まされている。スマートフォンを持ったお陰で一気にしんどくなった。

ドライアイで眼科に行くと最初に忠告されるのが市販薬には防腐剤が多く入っているので使うべきではないということ。清涼感を得られてもドライアイが進行する可能性があると言われる。

一般的にドライアイで処方されるのはヒアレインというヒアルロン酸という美肌とかで名前を聞く高分子有機化合物を含有した点眼薬。まとわりつく人工の涙で角膜にルチン層を保護する訳だ。

ヒアレインは処方薬だから病院で受診して処方を書いてもらわないと入手できない。だがこの病院に行くというのがまま面倒くさいのだ。時間のこともあるけど何故か高飛車な看護師の対応にげんなりしたりして。そもそもヒアレインは処置薬であって治療薬じゃないのでドライアイが治癒する訳でもないのだ。

で、眼科に行くのが面倒くさいなぁ、目薬だけ欲しいなぁと思ってアマゾンを眺めていて見つけたのが防腐剤無添加にドライアイ用点眼薬。防腐剤が入ってないので開封後1週間で使い切ってというもの。4ml✕5本で同種のものと比較するとちょっと量が多いのが選択の決め手。

個人的にはちょっとホッとすることができた。

2018/05/11

20数年前の汎用システムがモダン化できないという話に落胆



いま職場で使っている業務用のシステムが30年近く前に作られたCOBOLかPascalベースの汎用システム。機械に合わせて人間が動かないといけないという苦行システムだ。画面は情報の提示しかせずチェック作業は紙、画面内にリンクは無く作業の切り替えはメニューに戻って階層の移動をしなければならない。

後輩が研修に行った際にシステムが複雑すぎて新しいシステムに移行ができないんですと言い訳していたという話を聞いた。現時点でこんな話をしているということはあと5年はモダン化しないということだ。金がないという言い訳は予算を取る努力をしてないということだ。

このシステムの問題点は我々の組織とは違う部門が保守しているという点だ。結局他人事で苦しみを共有する事ができないので我々が困るという話がシステムに対する文句にしか聞こえないだろう。だから保守的に頑なになるのではなかろうか。

本来コンピューターというのは生産性を上げるためのもので単に計算を代行するためにだけあるものではないのだ。仕事の内容が複雑化しているのにそれに対応せずに人間側の苦労で帳尻を合わせないといけないというのは腹立たしいし、コンピューターの真価が発揮されず悲しい。

2018/05/10

スマートフォンのカメラアプリはメーカー独自の実装にならざるを得ず、実装が大変なんだと。according to rebuild.fm


rebuild.fm #206を聞いていると面白い話題があった。

現在、Google のカメラアプリチームに属している森田さん曰く、「カメラアプリの実装は昔のGPUのようにスペックが多様すぎる為に汎用のものとして作ることができない。このため各メーカーが独自に開発しているのだが結構苦労しているようだ。」

これは目からウロコの話で心の中で「なるほど〜」と唸った。確かにSoCでほとんど性能が決まってしまう訳だからハードウェアとしての後付はカメラモジュール位しかない。そこで性能を出して他社と差を付けようと思うとゴリゴリ開発ってことになる。ソニーが Xperia 用のカメラアプリをオープンソース化してくれたら皆助かるであろうに。

今後、カメラはスマートフォンのキーファクターになるのは避けられないんでなるべく高性能化していく環境が整ってくれたら嬉しい。

指導・助言とな?


3月に仕事の評価レビューがあったのだ。このレビューは導入3年目ぐらいで、まぁいい加減な精度で適当に流して皆で偏差値50を目指そうって感じで運用されている。

僕はそういう系にはなりたくなく明確な目標も設定してそれをクリアする為に工夫と勉強をしているのだ。

組織的な目標は、情報の共有と知識の継承、若手の育成。僕が個人として取り組んでいるのがWikiを使った知識の蓄積。もう丸3年以上取り組んでいる訳で、当然業務目標の一つとして文書で提出して、日々の記録とともに事例やノウハウの蓄積を継続している。自分で言うのもなんだが相当な量の情報とノウハウが詰まっている。

で、3月のレビューではこう言われた。「評価はB/A。個人の能力と業務内容が合っていないとは思っている。指導・助言としては引き続き頑張って欲しい。」この時点でひとつ確信した事が「この人は僕が何をしているか現認してないんだろう」ということ。そういう環境で頑張る無力感に対して無関心なんだろうなぁと悲しくなってしまう。

で、昨日の出来事。
その評価者から Wiki の見方を教えて欲しいと呼ばれた。やっぱりね。

指導・助言された筈のことを初めて見ると言うんだから呑気なものというか、まぁ何を評価したんですかね?って話。ことわざで云うところの「馬脚を表す」って奴ですな。

2018/05/09

久し振りに日本酒を飲んだ。ふなぐち菊水一番しぼり


最近は努めて酒を飲まないようにしているんだけど、たまたま旨い日本酒として紹介されていた「ふなぐち菊水」というのを興味半分飲んでみた。知らなかったんだけどアルコール度数が19%もある。甘味が強いけどアルコールがビシッと効いてちょっと尖った感じになる。あまり冷やさずに飲んで旨かったんだけど、冷やすともっと旨いらしい。
飲みすぎるのは怖いんでもう飲まないと思うけど、次はキンキンに冷やして飲む。

2018/05/08

「ごぼ天」が「ごぼう巻き」に変わるのは時間の問題かも。


どの範囲の関西かよくわからないけど僕の育った播磨地域だとゴボウが入った円筒の練り物は「ごぼ天(ゴボウ天)」だった。

何年か前に、Twitter で好きなおでんの具の話題が出た時にごぼ天が全国区の言葉ではないことが分かって驚いたものだ。

先日、スーパーに行くと「ごぼう巻き」が売られていた。しかも神戸のカネテツが、まる天と並べて陳列。

こうやって言葉が消えていくんだなぁとシミジミ。

ごぼ天の天って、まる天と一緒でちょっと甘味を含んだ旨味を連想させる言葉なので「ゴボテン」っていい語感だと思うんだけどなぁ。


ラーメンの旨さがよくわからない。


ラーメンの何が美味しいのかわからないじゃなくて、ラーメンの美味しさの差を認識するのが苦手らしい。

例えば、一部で大絶賛の一蘭。全体として美味しいんだけど、僕自身は何が美味しいと特定することができないし、他のラーメンと好き嫌い以外で差を付けることができない。ちなみにもっと好みの風味は別にあるし、一蘭に対するリピート欲求はかなり弱い。

味覚というのは極めて個人的感覚なんだなぁと再認識する。

Smartphone photo shooting problems


花をいろいろ撮ってみた。最近は無精しまくりで一眼のカメラを使わなくなってしまった。スマートフォンのカメラは気軽に撮れて直ぐにクラウドに保管してくれてとても便利なので今はメインで使っている。カメラとしての不満はグリップが良くないことだ。

以前はグリップそのものが不便だったがいまはこれに加えて際際まで広がったディスプレイに手の一部が触れてしまいシャッターが切れないという問題が追加された。

2018/04/27

Microsoft Edge browser on Android is better than PC desktop edition.


I am trying some web browser on Android smart phone  Essential PH-1.

Previously I don't like MS Edge because it can't be seen Japanese in address box. The browsers MS made; Internet Explorer and Edge never show multi-bite character on address box then I can't understand the summary of page with one sight.
They are no worth to use for me maybe  for Asian.

Therefore Edge on Android is different. It let me show Japanese on URL. You can do it! There is no reason don't do that on PC. I am waiting.



2018/04/25

並走する電車


帰りの電車で窓際に座っていると新快速電車が並走する形になった。ちょうど夕暮れ時でシャッタースピードも長めになりそうなのでこれはダイナミックな流し撮りが撮りを撮るチャンス、とスマートフォンでパシャ。

やっぱり面白いのが撮れた。

2018/04/24

Dokuwiki stable release 2018-04-22 "Greebo"



Dokuwiki のメジャーアップデートがリリースされた。

Release 2018-04-22 Release “Greebo”

闇雲にアップグレードしたらこうなった。

なんとも香ばしい。include plug-in のアップデートを待とう。

Githubを覗いてみると、fixed issue らしい。アップデート適用済みなので再インストールをしてみるとエラーが出なくなった。