投稿

11月, 2007の投稿を表示しています

ハーロンはやはり旨い。

イメージ
先日、新長田のハーロンに食べに行った。やっぱり旨いなぁと感心。

 この日のお気に入りは、ブン チヤ ジョー(Bún Chả giò)。揚げ春巻きとビーフンを一緒に食べる料理。750円という料金なので、晩ご飯にさらりと食べたいな。

Döner Kebabı

イメージ
最近、気になるトルコ料理ですが、以前から一度食べてみたかったのが上の串刺し肉を立てて焼くドネルケバブ(Döner Kebabı)という料理。本場だともっと薄く層を成しているようだけど、個人的には大満足。もっとも隣で焼いていた鶏肉のケバブを食べ損ねているし、マトンがあればもっと良かったのだが。



 ピタ(Pide)に挟んでソースをかけると大層旨い。なんのソースだろう、見た目よりも随分と大人しい味であっさりしている。

 トルコ料理も結構面白いので今度イスタンブールというちゃんとしたレストランに行ってみる予定。

E-3 で暗闇のファイヤーダンス

イメージ
たぶん、E-300なら手も足も出なかったようなシチュエーションであるが、手ぶれ防止とISO1600の組み合わせで見られるレベルになっているんじゃないかと思う。素晴らしい。

E-3 has come

イメージ
やってきました待望の Olympus E-3。夕方に開梱したのでまだあまり触れていないが非常に面白い。これまで使っていたE-300と比べると随分と大柄になってしまいましたが、なんとしても持ち歩いていろいろ撮りたいという気にさせられる。いろんなレビューがいろんなところで行われると思うので、当分は情報収集に明け暮れることになりそうだ。

 いつも使っている Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 を E-3 に取り付けると上のような感じになる。激しくイカついカメラになったような気がするし、まず重い。1.5Kgになった。レンズだけで700gぐらいあるので当たり前なのだが。

 出来ることなら F2マクロあたりも検討してみたいのだが、それはまだ先の話に。E-3の高感度がなかなか優秀なのでテレコンバーターを組み合わせると Makro-Planar T* 60mm を望遠レンズ化できる可能性も出てきたのでそれも面白いかも。動物園向けにはちょっと欲しい。

 困った話としては、これまでカメラを入れていたモンベルショルダーバックに入らなくなってしまったこと。E-300はペンタプリズムが無いので結構な省スペースだったのだが、E-3は普通のカメラだし、ペンタ部も大きい。衝撃保護機能はいらないから嵩張らない、いいバックを探さないと。

NASについて考えてみた。

イメージ
データのバックアップを本格的にしようと思い、構成を考えてみた。省電力と少々壊れてもいいかという割り切り。

(1) 100GB 2.5インチ ハードディスクを積めるだけ積んで、FreeNAS を USBメモリから起動させてソフトウェアでRAID-5を構築する。OSがスタックしないだろうという前提のシステム。メモリもCPUも適当で大丈夫。

(2) 100GB 2.5インチ ハードディスクを積めるだけ積んで、Nexenta で ZFS でストレージプールを作る。OSをRAID上に展開できないのが不安。結構なハードウェアスペックがいる(メモリー1GB以上、CPU 1GHz以上)。

 (1)で行くのが楽チンかな。来年に入ったら調達を考えてみよう。HDDを8台ぐらいで運用したいなぁ。

水泳

イメージ
昨日は息子の水泳教室に付き合って、プールで泳いできたのだが、早速筋肉痛になり日頃の運動不足を後悔する。のんびり泳ぐつもりだったけど、25m潜水とかしていたら流石に体力の消耗が激しくのんびり休みながらになってしまった。

 でも、水泳は気持ちがいい。金さえ掛からなければ何回でも行きたいのだが。

寿命

先日、子供と大きくなったらしたいことの話をした。息子はロボットを作る人になりたいそうだ。自分は全国の水族館や動物園を行脚して、いろんな動物を写真に撮ってくることだ、なんて言っていたら、後ろから 65歳からじゃないと無理やね、との声。

 確かにそうなんだけど、落ち込むなぁ。今は少子・晩婚化の時代。20代当初に子供がいたとしたらもうほとんど手が離れていることになる。そう考えると、今からいろんなことができるんだなぁとシミジミ思ったりして...。

あと1週間

今週23日は、Olympus E-3 の発売日。来月以降のカード請求が恐ろしいけど、届くのが楽しみだ。最近はまとまった写真を撮るのが難しいのだけど、なんとか撮れるものを探そう。

 今年は、GR Digital も買ったし、カメラに散財しまくり、貯金が目減りしていくのがちょっと悲しい。今後は撮るのに専念したいところだ。

疲れた...

イメージ
昨日は自宅のネットワーク環境の復元と仕事で徹夜。昨日も23時近くまで仕事をしてからの帰宅。疲れた。結構こんな調子が続いていて疲れる。

丸一日 自宅サーバーの公開が止まってた。

イメージ
機械は壊れるものだなぁとシミジミ実感。原因は安物のスイッチングハブのようなので、新しい機械を調達してなんとか凌いでいるのだが、いつかは抜本的な改善をしたいものだ。

Nexenta Storage Appliance (NexentaStor)

イメージ
OpenSolaris に Ubuntu を被せた NexentaOS の開発が滞っているようだと思っていたら、この11月1日に派生プロジェクトとして、NexentaStor という NAS のアプライアンスが登場したようだ。

 Solaris、OpenSolarisといえば、なんといっても魅力的なのが、高性能ファイルシステム ZFSである。ZFS の管理の容易さと、拡張性、耐障害性を考えると、NASはとても魅力的な使い方だ。

Overview を読むと、iSCSIが追加されたり、管理コンソールが Webアプリで提供されたりと、簡単に使えるように工夫されているようだ。

 論より証拠、評価用に VMware のイメージが用意されているので、早速ダウンロードして試してみよう。

よんじゅう と しじゅう

イメージ
九九の暗唱について面白い話を聞いた。というのは、掛け算の結果が40代の場合、関西の特定の地域の人は、よんじゅう+いくつという覚え方をしていて、一般の覚え方と異なるという。

 自分は兵庫県高砂市で育ち「ごっく よんじゅうご」と覚えたが、一般的には「ごっく しじゅうご」なのだという。神戸で育った人も「よんじゅう」で覚えたそうだ。

Wikipedia の九九の項目には確かに「ごっく しじゅうご」とある。なるほど、一般的な訳だ。

 となると、興味が出てくるのが、「よんじゅう」と言っているのはどういう地域なんだろうか、ということ。高砂と神戸は共に兵庫県なので、兵庫県は全域なのだろうか。それとも、採用されている教科書に違いがあるのだろうか。

 個人的には「ごっく しじゅうご」はともかく、「ごは しじゅう」はトホホ感が強い。寺子屋のイメージが脳裏によぎって、思わず噴出してしまった。

 誰か追跡して調べてくれないものだろうか。

MindTouch Deki Wiki

イメージ
オープンソースソフトウェアを紹介している MOONGIFT で MindTouch Deki Wiki というソフトが文句なし!と紹介されていたので使ってみた。

 なかなか洒落たインターフェイスで、面白そうだ。

 使ってみて困ったことといえば、Firefox と NoScriptの組み合わせで、JavaScriptのロードができないことがあること(一度JavaScriptを拒否すると以後使えない状態)ぐらいかな。




 MOONGIFT でも紹介されていますが、VMwareで稼動するイメージが用意されていますので簡単に機能を試すことができます。

 ちなみに、VMware イメージの Username と Password は、root と password にセットされています。リリースノートにも書かれていなかったので一応メモしておこう。

Turkish Restaurant bar MAYTUR, My first Turkish dishes

イメージ
今日はタイ料理屋に行こうとしたら、なんと定休日だったので、代わりといってはなんだが、トルコ料理を飛び込みで食べてきた。

 入ったのは神戸サウナの南側にあるトルコレストラン・バー「MAYTUR(マイトュール)」。メインがバーで、料理の種類は多くないが、いくつか食べることができる。

 トルコの酒といえば、ラク(Rakı)である。アラブのアラックに由来する蒸留酒で、水を加えると白濁するのが特徴。食前酒として飲むだけではないということなので頼んでみたが、アニスの甘い芳香がするので食前酒としておいた方がいいかもしれない。

 ほかに作ってもらった料理は、野菜の叩きとも云えるエズメ(Ezme)、牛乳漬け込み鶏肉と野菜の炒め物=サテ(Sate?)、ピタ(Pide)、具を混ぜ込んだ柔らかいオムレツ=メネメン(Menemen)。どれも野菜を沢山使った料理で、本来なら油が一杯使ってあったり、塩気が強かったり、香辛料が効いているそうなのですが、日本人向けに味を抑えているそうです。「直ぐにカラーイ」とか云うから...なのだとか。





 エズメは一見、ラタトゥイユ(Ratatouille)のように見えますが、火を使わずに作っているそうです。それにしては甘味と旨みが滲んでいて面白い食べものです。

 日本の野菜を使うと、どうしても甘く仕上がってしまうそうですが、頼めば本場に近い遠慮なしのものを作ってくれるそうですので、興味があればマイトュール氏に頼んでみるのがいいでしょう。

Turkish bar MAYTUR
 神戸市中央区北長狭通2-10-11 オーシャンビル3F
 無休 Mon-Thu, Sun : 7:00pm - 2:00am、Fri, Sat : 7:00pm - 5:00am
 Tel : 078-322-0152


拡大地図を表示

芦屋の Shanti (シャンティ)のビリヤニ बिर्यानी が旨かったー。

イメージ
先日、有馬温泉に行った帰りに、芦有道路から近いということで、芦屋の大丸にあるインド料理店「Shanti(シャンティ)」に行ってきた。シャンティは毎週土曜日にカレーの食べ放題をしていて、それを平日でもやっていると勘違いして行ってしまったのだけれど、これが良かった。
特に、カレーの量とナンの大きさ、ビリヤニの旨さにはちょっと感動。

 神戸だけではないと思うのだが、インド料理は高い上に量が少ない。1000幾ら出しているのに出てくるのは小さなカレー皿とナンだけというのは非常に悲しく、虚しいのだ。

 シャンティは1500円のバイキングでしか食べたことが無かったので、メニューを見ながら大して期待していなかったのだが、実際に物が目の前に来てビックリした。

 また、ビリヤニも大きくてとても食べ応えがあるし、じわじわと効いてくる辛味がとてもいい感じだ。

 最近はあまりカレーを食べられないため辛さの耐性が弱っているかもしれないので、辛さの注文を付けなかったけれど、今から思うともう少し辛味があった方が締りがあったかなと思う。

 ここのところ、夜のカレーにはあまりいい思いが無かったので嬉しい誤算で気分がいい。

FreeNAS は一気に 0.686b1 に。

PCを簡単にNASにしてしまうことができるオープンソースのフリーソフトウェア、FreeNAS が一気に機能充実したようだ。主要なアップデートの内容は以下のとおり。

 LDAP認証、SNMPに対応、iSCCI関係アップデートなどなど。

Majors changes:
- Upgrade fusefs-ntfs to 1.1004.
- Upgrade lighttpd to 1.4.18.
- Upgrade netbsd-iscsi (iscsi-target) to 20070925.
- Refactor GEOM-Eli implementation + WebGUI. Now it is possible to add existing encrypted disks
and change passwords for a encrypted disk.
- Improve device detection for configuration storage when booting from LiveCD.
- Update zoneinfo files.
- Add 'System/Packages' WebGUI page to administrate packages (only available in 'full' install mode).
- Add LDAP Authentication: Thanks to Andreas Neth and David Rush for their help
- Add email status report.
- Add 'Status/Report' WebGUI page to administrate email status report.
- Upgrade iSCSI Target to version 20070925.
- Update 'iSCSI Target' WebGUI + services. Now it is possible to expand existing targets and define
RAID0 and RAID1 devices. It is also possible to use di…

カメラに電子水準器とは、なんとも素晴らしいアイディア

GR Digital Ⅱ が発表になった。ネットの意見を見てると???みたな感じも受けなくも無いけど、個人的に琴線に触れるのが電子水準器だ。実は、以前に使い勝手のいいコンパクトなものを探してみたことがあるのだが、どれも嵩張るもので買うには至らなかった。手持ちでカメラを構えるとどうしても左下がりになりがちで、それを補正するために、角度が無段階調整できる Picasa の手放せないのだ。

 画像を小角度に回転するということは、画素を加工することに他ならず、凄い抵抗感がある。その点、Picasa は書き出し時にレンダリングを行うだけで、元画像には一切加工を施さないのでオリジナルを失う心配は無い。

 でも、やっぱり最初からまっすぐ撮れていればそれに越したことは無いわけで、電子機器ならではの素晴らしいアイディアではないかと思う。今後、一眼レフに次々に採用されていくのではないだろうか。