2018/08/22

マミズクラゲ


琵琶湖博物館で面白かった展示の一つがマミズクラゲ。淡水性のクラゲってあまり展示されることは無いので嬉しい。とは言ってもマミズクラゲと海の一般的なクラゲは種類は違ってマミズクラゲはヒドロ虫という微生物の仲間。珊瑚に近い。


アカントガンマルスビクトリイ Acanthogammarus victorii


アカントガンマルスビクトリイ Acanthogammarus victorii というのは、バイカル湖に棲むヨコエビの一種だ。我々の感覚だとヨコエビというのは寝っ転がった大きな蚤のような生き物だがバイカル湖では大きなサイズのヨコエビがノシノシと歩いていて大型の魚の餌になっているとのこと。だから防御用の棘が大きい。

琵琶湖博物館は固有種が多い他の湖の生き物も展示していてなかなか興味深いところだ。年間パスを買ったので次は新種登録されたタニガワナマズを見に秋に行く予定。

夕暮れの Essential Phone


最寄り駅まで帰ってきていつもと違う道で帰ったらきれいな構図に出くわしたので Essential Phone で写真を撮ってみた。この位の明るさだと破綻せずに綺麗に撮れる。家に帰って暗がりで撮ったらやっぱりダメダメだったのには苦笑するしかない。


2018/08/21

ビワマス


琵琶湖固有種のビワマス(琵琶鱒)。サケ科の魚の格好良さはなんだろう。
昔、A river runs through it. という映画を見てフライフィッシングに憧れた。まだ憧れは続いている。

2018/08/20

Google Cloud Platform の Google Compute Engine の無料利用枠が素晴らしい。


Google Photos API を調べていたら、Google Compute Engine の無料枠で 1-core CPU, 600MB memory , 30GB HDD という構成の仮想マシンを使えることがわかった。モチロン固定IPも無料枠で使える。

昨日、Bitnami が提供している Dokuwiki を立ててみたのだが若干もたつくかなぁという程度で、ちゃんと使える。色々検証してみる価値は大いにある。

素晴らしい。

Google Photos のアルバム機能をもっと便利にしたい。

先日、滋賀県率琵琶湖博物館に行って、写真を1000枚ほど撮ってきた。帰って来てから写真をデスクトップパソコンに取り込んで学名を調べて、Wikimedia Commons に登録したり細々としたことをしなければならない。自作のシステムはあるのだがあまり負荷をかけたくないので別に管理をする方法を考えなければというのが最近の課題だ。逆に管理をする方法が足踏み状態なので写真を撮りに行かないようにしているのだ。

写真をストックしておくだけなら Google Photos は最高だ。アカウントが消えない限り写真は無くならない。しかし管理となると非常に使いにくい。何故か日付で検索できないことも多いし、アルバムはタイル表示しかできないので見通しが悪いし、アルバム名での検索もできる時とできない時がある。

しかしリーチが短い便利さは捨てがたいので結局アルバム機能をもっと使い込むことにした。動物の名前毎にアルバムを作りどんどん写真を紐付けておく。

その後は、Google Photos API でリストにアクセスできる仕組みを作れればと考えている。

Wikimedia Commons に登録したナイルパーチ


2018/08/17

墓は要らない。海に散骨して欲しい。


自分の家の墓というのが有るのか無いのか知らない。子供の頃に墓参りに行ったことが無いので多分無いのだろう。今行っている墓参りは妻方の墓で運転手として付いて行っているだけだ。妻はその墓に入ると言っているので僕は別に考えようと思っている。

基本的には墓は要らない。子供が忘れても構わない。墓に縛り付けるのは申し訳ない。

できれば慶良間の海底に沈めるなり海面に撒くなりして欲しい。行きたくても行けなかった慶良間だ。散骨ついでに子供たちには楽しんできてもらおう。その為に100万円ぐらい金を残しておこう。

子供たちが墓参りしようと思うと慶良間に来なくちゃならない。ザマーミロ、ちゃんと自然を楽しめ!

2018/08/16

タクソノミーを Wiki で再現するのに一苦労


Dokuwiki で生き物の分類(taxonomy)を管理するための実装を試行錯誤している。一般的には目、科、属、種と階層が決まっている。上から決まるのではなく、共通性の高い小さな単位を括っていき上位分類が決まるのだ。既存のグループの中でより細かな共通性が見付かると亜種、亜科などが設けられる。

なのでヒエラルキーを固定してしまうと間に分類を差し込めない。差し込もうと思うと構造ごと変えないといけないので大変なのだ。

なので、親要素だけ決めて親要素を変えれば分類体系が変わるというのが方法としてやりやすい。

Wiki なら 入れ子(include)で実現可能なので色々試行錯誤中。

道は長い。

2018/08/14

残念な設えのトイレ


明石駅の近くのトイレ。着替え用のボードがあるのは良いけれど、2点問題がある。

一つ目は摺りガラスが近すぎること。これでは下着姿が外から分かってしまう。直接見られなくても嫌なものだ。二つ目はフックがボードの真上に設置されている事。これではせっかくハンガーに服を掛けても体を拗じらないと服を取れないし、フックそのものが頭や背中に当たりかねない。

もうちょっと使い勝手を想像しないと。

カレーリーフ無残


義母に預かってもらっているカレーリーフは強剪定でかなり弱りがち。春先に新芽が出なくなり、とうとう寄植えの鉢にされてしまった。幹は千切ったように切られているのを見ると懺悔したい気持ちになる、、、。

2018/08/13

セアカゴケグモの実物に初めて遭遇。毒々しいけど格好いい。


先日、小野市の来迎寺という所の墓参りに付いて行った。この蜘蛛なに?と呼ばれたので見てみると背中に赤い筋がビシッと入った黒い蜘蛛。どう見てもセアカゴケグモだ。ゴケグモの仲間では毒性は強くない方らしいから見つけてもそうそう慌てる事はない。
→ 2018.8.14 小野市役所に通告しました。

昔は海岸近くの側溝で暮らしていた連中がこんな内陸の山間部まで来ているとは日本も温帯から熱帯に近づいてると実感する。こんなの駆除してもキリが無いので特に管理者には伝えていない。

今年の夏が暑すぎるのが原因か分からないがいつも居るはずのハンミョウも見かけなかった。幼虫期に地表近くで過ごすハンミョウなので暑さにやられたのかもしれない。

自分の情報を最終的にどこに保存するか悩む。


いま自分自身の情報は自宅サーバの仮想マシン上に作った Dokuwiki 上に保存している。Dokuwiki は好きなので今後も使い続けるのだが自宅サーバというのが厄介だ。段々サーバを抱えておくのもリスクや負担になるのでどこかで止める日が来るだろう。もちろん、Dokuwiki はこまめにバックアップを取って Google Drive 退避しているのでいつでも再構築可能なのだがやはり永続性のあるサービス上に直接データを保存したい。
Google のサービスで、Wiki っぽいのは Google Site なのだがあれはかなり微妙で使いにくい。Google Drive のように個別のファイルではなく一まとまりとして管理したいのがネックだ。

悩ましい。

2018/08/10

久し振りに琵琶湖博物館に行くことにした。


久し振りに休みを取ったのでどこに行こうか悩んでいた。一番行きたいのは水族館だけど、どこも子供と中国人で一杯なのが嫌なのだ。まる一日過ごせるボリュームがあって、あまり人でごった返さない場所を思い巡らせていたら琵琶湖博物館が良さそうなことに気が付いた。

最寄り駅から片道2000円程度、規模も大きく水族展示も広し展示の種類も多い。

写真撮影のリハビリ目的でたくさん撮ってこよう。

2018/08/09

業務改善提案で業務システムに UX 改善のための基準と評価を求めた。


先日、職場で業務改善提案の募集があったので2件提案しておいた。一つは業務システムの UX (user experience) に一定の基準と評価を行い職員の負担を明示化することとUX 改善で得られた時間短縮効果を国の基準を元に予算を付けること、もう一つは施設管理ではなく資産管理の観点から施設内環境の改善を能動的に行うことの2つ。

最初の UX 改善は使い勝手の悪さを数値化してどれだけ職員の負担になっているか、時間を無駄にしているかの可視化だ。使い勝手を向上し、作業効率が向上すればインセンティブとして、国の情報化による人件費削減係数が 3800円/時間という数字があるのでそれをベースに考える。職員100人が一人あたり10,000件を処理するのに5秒短縮できれば 100*10^4*5/60^2*3800 = 527万円 って計算になる。これは働き方改革だからシステム保守とは別のところから金を出してもらう。現実にはもっと短縮できる余地があるので相当な金額を得られる筈だ。
我が組織のシステム担当はどうしても使い勝手よりも制度改正優先になるので彼らに期待するのが筋違いという筋書きだ。我らのために頭を捻っておくれ。

施設改修の方は簡単な改修で改善でき、省エネに繋がることを技術を知らない担当者が見過ごしている部分を能動的に解決していくという方法。現状施設管理者にまかせている改修を資産管理の観点から積極介入するという考え方。前いた職場は床下がフリーアクセスなので冬は床下に温風を入れた方が効果的で省エネだとか、色々ある。

実現するかどうかはさておき、考えるのは楽しい。

体が軽くなった。


今朝体重を測ったら、一気に 82.2 kg に到達。なんか体が軽くなった気がする。ここまで劇的に下がるとニヤニヤしてしまうな。

8月中に 80 kg 台脱却が現実的になった、久々に愉快だ。

2018/08/08

防火戸の重要性を伝えるステッカーはいい事だと思うけど、やるのが遅いよ。


最近になって、職場の防火戸に「命を守る大切な扉です。」というステッカーが貼り付けられた。消防の査察を受けたり、防火管理者になると防火戸の重要性のレクチャーを受けているから必要性は知ってるのだが、そうじゃない人はよくある緑の扉でしかない。防火戸はまだいい方で、防火シャッターは存在そのものが分からなかったりする。

消防は緑の戸だから当たり前と思っているがそれは間違いだし、防火管理者の責任にするのも無理がある。消防はその機能と普段の接し方を消防関係者以外に広く知ってもらうようにする方が余程たくさんの命を守れることを知っておくべきだった。

たとえば、緑じゃない防火戸というのがある。防火戸は避難する方向に緑が見えるようになっているので中折式の折りたたみ戸では壁の色に塗られているのだ。消防の常識では緑でなくて前にモノを置くなとなるが一般の理解は壁と変わらない。

デザイン思考(Design Thinking)という考え方なら最終目標は人的被害を出さないことだ。消防の基準に合致していることではない。

というようなことを考えるのが好きだ。

晩御飯を食べなくなった効果は週に▲1kg


7月の始めから晩御飯を食べないようにしている。一時期 86.8 kg あった体重が今朝、83.0 kg まで減った。単純計算で週に 1 kg 減ったことになる。こうなってくると結構面白くて、週始めに今週は 82 kg 台に乗せると考えて実現できるように考えれば楽しい。このペースだと8月末には 70 kg 台に突入できるかも。

日中ほとんどからだを動かさないので摂取過剰だと思っていたのだが流石に晩御飯を要りませんと言い難くかったが実現できてやれやれだ。お腹が減るのも最近になってようやく感じるようになってきた。空腹感を感じると脂肪を消費してくれてる感じがして嬉しい。

最終的な目標としては、バナナリパブリックの服が着れるようになること。70.0 kg まで減らす。体重が落ちるペースも鈍化するだろうから 10月中には実現したい。

20 代は 56 kg しかなかったんだから 30 kg も脂肪が体内に蓄積されてる訳で、ヘットを目の前に 30 kg 積まれたら流石に気持ち悪い。あとは少し運動ができればいいな。

2018/08/07

Galileo Galilei が好き。昨日CDを全部借りてきた。



最近は、Galileo Galilei の曲が好きでよく聞いている。Google Play Music で聞ける曲とSpotify で聞ける曲が全然違うのでいっその事全部手元に置いておこうと蔦屋で全てのCD を借りてきた。家に帰ってリッピングソフトを探して時間を掛けてリップしたら、トラック書き出しではなくイメージ書き出しになっていてまたやり直しだ。イメージ書き出しって知らなかった。

彼らの曲を聞いていつも思うのは彼らの出身が北海道の稚内であるということ。稚内に一度バイクで行ったことがあるが冗談のように遠いところだ。中標津を過ぎてガソリンが無くなりかけたときは本当に焦った。稚内は道北の他の町と比べると遥かに大きくて都会だけれど少し離れると何も無い。そんなところから音楽で都会に出てきて僕のところに伝わってきているのが感慨深い。よく好きなことを諦めなかったなぁ、どんな高校生活だったんだろうなと羨ましく思う。

Essential Phone を Android P にアップデート


Android P; pie が昨日発表されたそうなのだが、Essential Phone にもう OTA が配信された。早速アップデートをインストールしてみたがここが大きく変わったと分かりやすいのはホームボタンが ○ から ー に変わりメニューボタンが無くなった事と音量変更のダイアログが変わった、ノーティフィケーションバーが白くなったところ。使い勝手が良くなったかどうかはこれから確認。

もう Android も安定期に入っているので大きな変更はそうそう導入されないんだろう。

Essential products にはなんとか経営が安定して Essential Phone 2 でもっと良いものを出して欲しかった。

2018/08/06

練り物カレー


冷蔵庫の中に随分前に賞味期限が来ているまる天があったので弁当用のカレーにしてみた。元は家族の晩御飯に作った辛味の無いドライキーマカレーに青唐辛子とカレー粉を足して火を入れ直したものだ。青唐辛子が加わると一気に味が変わるのが面白い。

インドのカレーには旨味とか出汁という概念が基本無いのでこういう旨味が加わるとグッと旨くなる。蕎麦屋のカレーは慧眼だと思う。

2018/08/03

Cold Turkey Pizza


Cold Turkey も Cold Pizza も良くなくなってしまった状況にうんざりしているを示す言葉だ。一緒にしたら不味さ感がちょっと減るのが不思議。

旨いもの食べに行きたいなぁ。

ケイオスティックなファイルサーバの構造化は諦めた。


職場のファイルサーバの形態が変わることになり、部署ごとに設置している NAS から全組織をカバーするファイルサーバでの運用になる。下準備として、5年以上更新されていないファイルを隔離する作業を forfiles コマンドを使ったりしながら進めている。

新しいファイルサーバは年度毎に保存場所を変えていかないといけないという厄介な仕様なのでファイルを体系化してフォルダ構成を考えよう思ったのだが、現状が個人フォルダーで様式を改良して仕事をしている人が多すぎて統合は諦めた。フォーマットが違うデータが集合してしまうなんて悪夢だ。

今後の作業は、年度の初めに5年間以上保存の必要なデータの選り分けと5年以上変更の無かったデータの隔離、データの一括移動をすることになり、ネットワークドライブのパス変更、そのあたりの作業を一括でできるようにしておかなければ。

また人事異動で今の職場から居なくなることが分かっているのでどう引き継ぐか、簡単に済ませるようにしておくかが大事なのだ。

2018/08/02

スマートフォン撮影用グリップ


少し前に考えたスマートフォンの撮影用グリップ。実体はマンフロットのスマートフォンの三脚用フォルダー。片手で撮影できるのがポイント。
 さっきネットニュース見てたらグリップに特化した製品が発売されたという記事を見た。そっちはbluetoothでシャッターが切れるようになっている。ちょっと欲しい。
 3Dプリンターがあれば Richo GR のグリップ形状を作って差し込み式のグリップにしたいものだ。

2018/08/01

昨日は久し振りに MS Access で工夫してみた。面白いけど色々忘れすぎてた。


昨日は久し振りに MS Access の使い勝手を良くする改造作業を行った。内容は簡単で、これまで一枚ずつでしか印刷できなかった封筒を複数枚まとめて印刷するようにするだけ。同僚が朝6時40分に出て来てちまちまと封筒印刷しているのがとても非効率にだったので一念発起して作業した次第。

本当はテンポラリーテーブルを作ってレコードを追加、印刷後にテンポラリテーブルを削除、というアプローチを取りたかったのだが、最近のAccessは操作方法がよく分からなく時間も惜しいので元からある対象施設テーブルに出力対象とするチェックボックス型カラムを追加して検索結果に✓を入れて True としたものを印刷して、作業後、Null に戻すクエリーを走らせるという手順にした。

所要時間は3時間位、元々自分が作ったものじゃないんで構造がよく分からず時間がかかった。

このDBも誰が作ったのか分からないもので、送付先施設のデータも少なくとも丸3年放置されている。そこまで手を出すかどうか悩ましい話だ。

誰かが困っていたら手助けツールを作りたい、でもそれを永続的に世話できないのがもどかしい。というか組織がヘルプツールを提供しない事が悔しい。