息子と話したいこと

須磨海浜水族園のミズクラゲ(Aurelia aurita)

ありがたいことに、二人の息子は一緒に居たがってくれる。彼らが騒がしくしているのは非常に苦手だし、そういう時は話を聞いてくれないんだが、お風呂やベッドで一対一になるとゆっくりと話ができてうれしい。

昨日は軌道エレベーターとソ連崩壊の話をした訳なのだが、興味を持たせるように話す内容の順番を考えたり、分かりやすく喩えを考えたり、自分で考えさせる質問を考えながら説明をするのは結構楽しい。

話をしながら、誘導しているのは、

・本当に興味のあることを見つけること
・仕事としてやりたいことを見つけること
・世の中にはいろんな職業があること

楽しく仕事をする、仕事を通じて人生経験を豊かにする、充実させる、ということが本当に大事だなぁと思う。

自分はまさに反面教師。自分のように煮え切らない搾りかすのような奴になっちゃいけない、ならせちゃいけない。きちんと子どもと向き合って彼らの人生の選択肢を増やす役目をじっくりと取り組んでいきたい、と思う今日このごろ。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

六甲アイランドの翠亨園の飲茶バイキング。

クロアナバチの子育て