Ubuntuに Google Fonts からフォントを取り込んでくれる TypeCactherが素晴らしく便利。ただし欧文のみ。

壁にへばりつく花

普段使っている Xubuntu で簡単なチラシを作っていて Linux系で使えるフォントを色々と探していたのだが、Google Fonts に登録されているWebフォントをブラウズして気に入ったものをクリック一つでPCにダウンロードし登録してくれるという TypeCather というのが素晴らしく便利だった。

Ubuntu 13.10 からは公式リポジトリに追加されることになったそうです。13.04以前の Ubuntu系なら以下のPPAを追加して導入。


sudo add-apt-repository ppa:andrewsomething/typecatcher
sudo apt-get update
sudo apt-get install typecatcher



TypeCatcher


TypeCatcher, Google Fonts site


Lobstaer 1.4 Regular 格好いいフォントだ。

Windowsや MacOS に同様の機能を持つソフトがあるかどうかはわかりません。

Google Fonts
TypeCatcher in Launchpad

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。