腕時計が壊れたけど、チャンスか?

Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8 (AE) で最大絞りで撮影した腕時計の文字盤。
この年末年始に、もう10年近く使っていた腕時計の分針が軸から外れてしまったのだ。飾り気のない無骨な時計でかなり気に入っていたので残念だ。 しかも、この時計は3年ぐらい行方不明になっていたのが納戸の中で見つかって、もう動かないかと思っていたところが見事にエコドライブの力で復活したという、思い入れがたっぷりの腕時計なのだ。 しかし、moto360への興味が結構あって、これを期に、とか思ってしまう。 でも、僕が時計に求めたい性能の中で防水性というのが結構高い位置をあるので、moto360は決定的ではないんだなぁ。時間の正確性も重要視でこれまでは電波時計必須だったのだが、smart watch ならNTPが走っているから問題ないだろう。 さて、どうしよう、、、。早く決めないと分針が摩擦で傷んでしまいそうだし、悩ましいなぁ、、、。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

モールミラガイ(カードチリ)

クロアナバチの子育て