動物園の動物の写真

久し振りの王子動物園。Sony α7S はまだ慣れてなくて被写界深度を稼ぐのが難しい。動物の写真は愛玩的な見栄えと、生体的特徴を明らかにすることの両立できるのが望ましい。可愛らしく撮るには被写界深度が浅い、ボケが有ったほうが良く、生体的特徴を捉えるにはピントが合った範囲が広い方が良い。この辺りの匙加減が難しいところであり、面白いところでもある。これにシャッタースピードとか、ISO感度とかが絡み合って悩ましいものだ。




コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

眼精疲労と斜位補正のプリズム加工

パノラマ写真の解像度調整

14年目にして判明したガラス戸のサッシの歪み:建具の不具合はマンション購入の盲点

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

WindowsOSでBOINCの再インストール時の留意点:以前に使っていたドライブやディレクトリが無くなっていたら要注意。regedit で指定値の変更が必要。

Nexus 5X のブートループ(Boot loop)を無理やり直した。

ザクロが好き。でも自分以外には種が不評なので種を潰さずにジュースにしてみよう。