10年以上経過したアーロンチェアのバナナクッション


最近、足がむくんでシンドいなぁと悩んでいて腎臓疾患も疑ってたのだけれど、どうもアーロンチェアの座端(膝裏)部分に感じる圧迫感が原因じゃないかと思え出した。最近、スポンジのクズが床に落ちていたりしていたので、まずはスポンジを取り替えてみようと通称バナナクッションを公式サイトから購入。

いざ、クッションを外してみると、上の写真のとおり、随分と厚みが違っていてクッション性が全く無かったことがよく分かります。サクッと取り替えては見たものの、実はあまり劇的な効果が感じられないのだけれど(体重減すのが先か、、)。

最近リニューアルされたアーロンチェアではこの座端部分が改善され、クッションが不要になったそうだ。スポンジクッション、確かにそこだけ先時代感があります。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

接点復活剤を鍵穴に一吹きすると

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

西宮市の古いマンホールの蓋