印度尼西亞的肉鬆 Daging Sapi / I like it!


先日、ハラールフード店で見つけたインドネシアの牛肉鬆(Beef Floss / Daging Sapi)という食べ物、元々は中国で作られている豚肉の肉鬆なのでしょうけれど、インドネシアはイスラム教徒が87%もいるのでムスリム向けに牛肉で作られている、とういうもの。

面白いのがフライドオニオンを混ぜてあること。豚肉の肉鬆は旨味が繊維の中から染み出してくるような感覚があり、それが旨さに繋がっているのだが、牛肉はその部分が少し弱いし、肉自体も長い繊維状になりにくい。それを補うためにムスリムが多用する旨味税分であるフライドオニオンが混ぜられるようになったのだろう。


中国の肉鬆は、粥に入れて食べるのが一般的な利用方法らしいのだが、インドネシアの場合はサンドイッチにして食べたりするのが人気だそうだ。

残念なことに肉鬆を日本に輸入することはできない(検疫的に不可らしい)ので、通販で買えるものは皆無だ。欲しければ自分で作ることになる。基本的には脂を取ったトンポウロウを突き崩せばよいのだろう。

日本語でのレシピは見つからなかったけど、香港パナソニックが紹介しているパンメーカーを使った製法が面白かったので貼っておく。生地を捏ねる機構を利用して肉を崩していくという算段。なるほどね。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。