肺活量 6500cc

オジロワシ Haliaeetus albicilla (Linnaeus, 1758)<br />動物界(Animalia)  脊索動物門(Chordata)  鳥綱(Aves)  タカ目(Falconiformes)  タカ科(Accipitridae)  オジロワシ属(Haliaeetus)

 人間ドックに行って楽しみなのは肺活量を測ること。一般的な男性の肺活量は{27.63-(0.112×年齢)}×身長で求められるそうですが、これに数字を入れると、

 (27.63-(0.112*39))*179 = 4,163.898cc となります。

 これが何故か、自分の場合は、6,500ccもあります。しかも本来なら加齢にしたがって、20cc程度少なくなっていく筈なのに、3年続けて増加しています。

 特に運動もしていないのだけど、不思議なこともあるものです。

 何故、人間ドックに行って楽しいかというと、看護士さん達の反応が面白い。「こんなのはじめて見た!」とか、「平均はこのぐらいなんですよ」とか、いろいろ。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

インド料理の食べ方

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

モールミラガイ(カードチリ)

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II