図鑑を購入

ドラド(Jaw characin (Dorado or Dourado)) Salminus brasiliensis Cuvier, 1816<br />動物界(Animalia)  脊索動物門(Chordata)  硬骨魚綱(Osteichthyes)  カラシン目(Characiformes)  カラシン科(Characidae)  ドラード属(Salminus)  <br /><br />サンシャイン国際水族館にて

 インターネットを使った生物の名前調べは難しい。ブラウザーでは情報の一覧性が非常に悪く、目に飛び込んでくる情報の量が本に比べると桁違いに少ない。それが生きもの写真のページを作った原因ではあるのだが。

 息子が欲しがったことを口実に購入した子供用の大型図鑑が結構便利で見やすいので、昨日に「両生類・爬虫類」と「水辺の生物」という2冊を購入した。図鑑は分類が古かったりするのだが、NCBI と FishBase など、最新の分類を反映させているサイトが存在しているのが頼もしい。ただ、古い分類体系と新しい分類体系を明確に区別したり、共存させられていないのがまだまだ素人仕事だ。もっといろいろなことを勉強していこう。

コメント

ちゃめ さんの投稿…
図鑑、いいですね~。
私も子供の図鑑を、半ば本気で読んだりしています(笑)。

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

カリフラワーは旨いな。

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

モールミラガイ(カードチリ)

神戸で食べられるビリヤニ

六甲アイランドの翠亨園の飲茶バイキング。