ヒゲナガヘリカメムシ(Bamboo stink bug) Notobitus meleagris Fabricius, 1787

ヒゲナガヘリカメムシ(Bamboo stink bug) Notobitus meleagris Fabricius 動物界(Animalia) 節足動物門(Arthropoda) 昆虫綱(Insecta) カメムシ目(半翅目)(Hemiptera) ヘリカメムシ科(Coreidae) Notobitus属(Notobitus)   沖縄にて

沖縄に行った時に撮影した大きなカメムシの名前がようやく分かった。元は東南アジアに生息している竹の茎から汁を吸うヒゲナガヘリカメムシという奴なのだが、最近日本に移入したらしい。非常に大きなカメムシでかなり目立つ。

学名を調べた時にファーストコンタクトしたページに属名のtypoがあり、当初 Notobius meleagris としてWikimedia commons に登録したのだが、サクッと修正を加えてくれた方がいてファイル名の修正と Wikispecies の変更までひと通りの作業をしてくれた。凄いな。

しかもこの人、ネイティブな英語話者で、高度な中国語、簡単な日本語、簡単なドイツ語を理解するという。凄いよなぁ。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

カリフラワーは旨いな。

インド料理の食べ方

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

モールミラガイ(カードチリ)

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

神戸で食べられるビリヤニ