写真管理の仕組みづくり



今、写真を公開している仕組みは、2004年からボチボチと レガシーASPで作り続けてきたもの。ここ最近は全然手を入れていないが、生き物の分類(Taxonomy)を登録し、写真の登録を簡便に行えるようにしている。しかし、いよいよメンテナンスが現実的な障害になってきたので、再構築を何年か越しで考えている。しかし、悲しいかな、素人なので一足飛びに Python Web Framework なんかで同じものを作ることがなかなか難しくて悶々とした日を過ごしている。そうはいっても放っておく訳にはいかないのでフルスクラッチじゃない方法を探していた。

今のところの候補は Wikipedia のベースになっている MediaWiki。大体の仕組みはできたのだけれども、やはり細かいところに手が届かないのがもどかしい。



一番キツイなぁ、、、と思うのが、検索が予想外に部分一致で機能していなんじゃないかと思うこと。レモンテトラをテトラで検索できないのは厳しいなぁ。

悩ましい、、、。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

西宮市の古いマンホールの蓋

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

インド料理の食べ方

バラクーダのブラックリスト Barracuda blacklist