Nexenta

ユリカモメ(Larus ridibundus)

 世の中にはいろいろな組み合わせを考える人がいるもので、Debian と OpenSolaris を合体させて、Ubuntu みたいなOSにしたという、Nexenta OS というディストリビューションがあるのだという。VMware イメージも用意されているというので、早速試してみた。OpenSolaris というと、ZFS が白眉な存在であり、これが使えるだけでも評価は非常に高いのだ。

 OpenSolaris 自体はDVDをインストールメディアにしているような巨大なOSであるが、Nexenta は600MB程度しかなく、CD一枚で十分というところが驚きだ。詳しくは理解していないが、Debian というのは、OSのコアの部分を入れ替えることができるらしい。なので、BSDベースの派生品もあるし、OpenSolarisをコアに挿げ替えることも可能なのだそうだ。

 本格的に使ってはいないが、見た目は Ubuntu そのもので、使い勝手もほとんど同じ。パッケージは開発者の人数の問題だと思うが、少々古いものも多いようだ。

 ZFSのコマンドを入力してみるとキチンと機能していたので面白そうだ。メモリ消費量も無操作状態で400MB弱程度。700MB以上ないとインストールさえさせてくれない OpenSolaris とは大違いだ。

 なかなか面白い。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

接点復活剤を鍵穴に一吹きすると

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 5X が起動しなくなり、Sony Xperia XA1 Plus を買ったのだがカメラが残念すぎる。

肺活量 6500cc