Open Source Antivirus; ClamWin

神戸海洋博物館の屋根

 Open Source のソフトウェアを導入すると何がいいかというと、期限についてあまり考えなくてもいいという点が大きいかなぁと思う。例えば、ClamWin というアンチウイスルソフトはコミュニティーが行き続ける限り、ライセンスの更新もレジストレーションの更新も必要なく、ずーっと使い続けることができる。ClamWinはリアルタイム監視に対応していないのでメールとの組み合わせは難しい。将来的に対応するのかどうか読み込んで確認していないが期待しておこう。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

カリフラワーは旨いな。

インド料理の食べ方

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

モールミラガイ(カードチリ)

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

神戸で食べられるビリヤニ