海外の食文化の面白いところ

シシコフタ(kafta'、كفته)、クレオパトラ(Kleopatra、エジプト料理、神戸市中央区)にて

 随分以前からハマっている海外の食文化であるが、面白い一例として、ミートボールがある。

 上の料理は、エジプト料理店のシシコフタという料理なのだが、シシの意味は分からないのだがコフタは、アラビア語で كفته。同じものはインドにもあり、これもコフタ。ヒンディで कोफ्ताだ。ほかにもトルコでは köfte などと言われている。
 Kofta - Wikipedia によると、もともとは、ペルシャ語の کوفتن (Kuftan) が語源なのだそうだ。地図で改めて見るとその広大さに驚く。


大きな地図で見る

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

ベジタリアンを軽んじたらアカン

モールミラガイ(カードチリ)

インド料理の食べ方

クロアナバチの子育て