Picasaにできないことができる、RawTherapee

アクリル絵具

RawTherapee のインターフェイスが日本語化できることが分かったので設定してみた。


設定を色々確認していくと、Picasaではできないことが実装されていて感心。とりあえず見つけたのは2点。

まず最初は、ガイド付きの1度未満に対応した傾き補正。Picasaはマウスで無段階傾き補正ができるのが素晴らしい特徴で、他のソフトで同じ事ができるものは確認出来なかった。でも、RawTherapeeはもう一歩先に進んでいる。


直線選択・角度補正ツールを選択し、水平にしたい部分を指定すると、それが水平に対して何度傾いているかが表示され、クリックを離すとそのラインが水平になる。


便利かつ実用的な操作環境が実現されている。

2点目はズームしてからの切り抜き。これは他のソフトで出来るものもあるだろう。Picasaがなぜ対応しないのか不思議で仕方がない。


Picasaは何故か画像の全体を表示した状態でしか切り抜けないので大雑把に切り抜くことしか出来なかった。これが実運用上かなり不便だったのだが、RawTherapeeでは範囲選択しながらズームイン、ズームアウトが可能。

ということで、かなり RawTherapee が気に入ってきた。

古いバージョンもの(最新は4.08に対し、2.4)だが日本語のマニュアルがあるのでこれで基本機能は要チェックだ。
http://www.rawtherapee.com/shared/documentation/RawTherapeeManual_2.4_jp.pdf

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

インドレストラン「シュクリヤ」

和製衝撃緩衝機構

インド料理の食べ方