事業の分類

 分類というのは人それぞれで捉え方が違うので,こちらが一方的に押し付けることができない。という考え方を元に,2通りの選択ができるようにしてみた。
 一つは一般的な行政の分類を大分類>小分類>として区別する方法。もう一つは生活レベルでの分類の連続性。
 例えば子供を対象として捉えた場合,乳幼児から中学生までいるし,予防注射から奨学金まである訳で,様々な事業が一般的な認識ではないかと思う。それを検索という形で実装するか,あらかじめ分類しておくから使い方によるのだろう。

 ただ,心配なのはあまり分類を煩雑にすると,人が付いてこれなくなるという点だ。往々にして人は面倒くさがりなので。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

カリフラワーは旨いな。

インド料理の食べ方

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

モールミラガイ(カードチリ)

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

神戸で食べられるビリヤニ