2017/09/03

高層ビルの免震構造体(基礎部)


近所に建築された高層マンションの建築工事を覗いた時に免震構造体の設置を行っていたので撮影していた写真がある。

多分、ゴムと鉄板を積層した構造のもので、地面が横に動いても上の建物が慣性の法則により動かないようにするための物だ。

改めて見ると、免震構造体は柱に直接設置するのではなく、超分厚い基礎を2分割して真ん中にゴムを挟んだような構造になるようだ。

風に対しても耐性を持たせなければいけないのでどこかで上下が動かないようにする機構も作られるのであろうか。

写真を撮ったのが2011年。1995年の神戸の地震から6年しか経っていないのに、30階以上マンションに適用できるほどの技術的な信用の裏付けがあるというのが凄いと思う(既存技術とは思うが)。


0 件のコメント: