Google スプレッドシートの Text関数に英語の表記がない。でも、英語じゃなくても表示ができる。


今日、家でサーバーの復旧作業をのんびり行っていて、なんとか元に戻ったので Dokuwikiの中身の手入れなどをしている。

日毎のページを作っているのでそれを月でまとめて表示できるようにしているのだが、インデックスリストにすると中身が見えないので、拡張機能の page と使って、インクルード(入れ子)表示させている。

自動的に入れ子にする方法がないので、これまでは、ExcelやCalcを使ってそれ用のコードを生成できるようにしていたのだが、この度 Google スプレッドシートを使ってみたところ、Googleらしい部分に感心した。

Google スプレッドシートで、日付から曜日に値を変換するには Text関数と利用するのだが、Excelの同様の機能では日本語と英語の表記を選択することができる。

ところが、Google スプレッドシートでは英語の選択肢が無い。どうしたものかと困っていたら、GOOGLETRANSLATE という関数を使って、言語の変換をすれば良いということが分かった。無理矢理感がありますが、これはこれで便利な場面もあるでしょう。

上の表の関数はこんな感じ

="====== " & GoogleTranslate(text(B1,"mmm"),"ja","en") & ", " &text(B1,"yyyy") & " ======"

"mmm" で 月名を取り出して、"ja" から "en" に翻訳しました。面白いので隣に、同じ12月という言葉を ヒンディ、タミル、シンハラ、アラビア語にして表示させてみました。文字そのものが読めないとあまり意味がないのですが。

GOOGLETRANSLATE関数をを調べていて興味深いページを見つけました。
GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳を使う方法(英作文が捗る!) - GOTCHA!

ほぼリアルタイムで翻訳されながら文章を作れるなんて凄いです。自分でも活用したいと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。