クリオネ(ハダカカメガイ、Sea angel) Clione limacina (Phipps, 1774)

クリオネ(ハダカカメガイ、Sea angel) Clione limacina (Phipps, 1774) 動物界(Animalia) 軟体動物門(Mollusca) 腹足綱(Gastropoda) 後鰓目(Opisthobranchia) ハダカカメガイ科(Clionidae) クリオネ属(Clione)   鳥羽水族館にて

クリオネは貝の仲間。ヒラヒラとしているのは翼足でアサリのベロの部分に相当する。動物の上下を表す時は内臓がある方をしたと表現する。なので、実はイカ・タコなどは頭に触手があるとされ、頭足類と呼ばれいている。つまり逆立ちをしている姿を普段見慣れている訳だ。

クリオネの頭に見える部分は空っぽで、餌を食べるときには中から触手が伸びてくる。ぼーっと考えていると結構イカとの共通点がある事に驚く。

でも一点わからないことがあって、目の存在だ。よく考えたらはっきりと確認したことがなかった。

追記:クリオネには目に相当する器官は存在しないとのこと。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

モールミラガイ(カードチリ)

クロアナバチの子育て