ヤドクガエル(Dendrobatidae)

ルグブリスフキヤガエル(Lovely Poison Frog) Phyllobates lugubris (Schmidt, 1857)<br />動物界(Animalia)  脊索動物門(Chordata)  両生綱(Amphibia)  無尾目(カエル目)(Anura)  ヤドクガエル科(Dendrobatidae)  フキヤガエル属(Phyllobates)  <br /><br />上野動物園にて
ルグブリスフキヤガエル(Lovely Poison Frog) Phyllobates lugubris (Schmidt, 1857)

 ヤドクガエルの仲間は、のほほんとし雰囲気と派手な配色のために、とても愛らしく思える。多分、毒が強ければ強いほど、のほほん感が増すのか、フキヤガエルのような強力な毒を持つ奴ほど可愛らしい。

 ヤドクガエルの毒は、食料である蟻から摂取しているということで、飼育下では毒を持たない単純にのほほんとした蛙になるそうだ。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

ベジタリアンを軽んじたらアカン

蘇民将来子孫家門の注連縄

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

モールミラガイ(カードチリ)

クロアナバチの子育て