タメモトハゼ(Ophieleotris aporos)

タメモトハゼ(Ophieleotris aporos) 新江ノ島水族館にて。インターネット上にほとんど情報がない魚です。

 タメモトハゼ(Ophieleotris aporos)は、名前のとおりハゼの仲間。とても俊敏に泳ぐことができるそうです。写真は、新江ノ島水族館の天皇ゆかりの展示場にて。タメモトハゼは昭和天皇が「ホシマダラハゼ(新称)Ophiocara porocephala とタメトモハゼ Ophieleotris aporos について」(魚類学雑誌 第21巻2号 1974年11月30日発行)という論文を書いているそうだ。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

インド料理の食べ方

ベジタリアンを軽んじたらアカン

モールミラガイ(カードチリ)

クロアナバチの子育て