WTO発足時の暗黙の了解;国間の資格障壁の排除

サバンナモンキー、ヴェルヴェットモンキー(Vervet Monkey) Chlorocebus pygerythrus (F. Cuvier, 1821) 動物界(Animalia) 脊索動物門(Chordata) 哺乳綱(Mammalia) サル目(Primates) オナガザル科(Cercopithecidae) Chlorocebus属(Chlorocebus)   姫路市立動物園にて

 今日も少し考えてみた。言うまでもなく日本というのは先進国であり工業国であり、知的生産の盛んな国であり、当然世界を相手にビジネスを展開しているグローバル展開可能な国である。しかし、足元を見つめなおしてみると、大学は入るのが難しくて出るのが簡単という状況は変わってなさそうだし、大学に入ってくる人達は基礎的な学力が無いような状態らしい。高校で勉強らしい勉強もしたことが無いような者が4年後に社会人として働くことになるって、世界相手に仕事をできるかというと、そりゃー無理に決まってる。大学は、大学を卒業したという証明にしかならない訳だから国外でキチンとした資格を持った人と比較されるような状態になれば、日本に居ながらにして、国際競争に負けて就職できない人間が増えていくことになる。
 今のぬるま湯状態は長くは続けられないのではないか、ニートが親に頼れない、ニートにさえなれない時代が来てしまうのではなかろうか....

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。