Ubuntu がなかなか面白い



 少し前に、Ubuntuバージョンが6.06となりました。VMware Server にインストールしたり、リムーバブルHDDを利用して使っています。なかなかいい感じ。

 今日は、Google のリリースした Picasa for Linux をインストールしてみた。Ubuntu は Debianという Linux ディストリビューションがベースになっているので、pkg という形式で導入すると楽チン。

 幸い、Google が Ubuntu を使っているということもあって、導入はとてもスムーズに行うことができました。今回は一旦ファイルをダウンロードせずに、Firefoxのダウンロードが画面でいきなりパッケージマネージャーから起動させるようにしました。

 Picasa for Linux の使用感は、Windows 版とほとんど変わりません。なかなか良いですね。

 以前に、Picasa を使えないのが Linux に本格移住できない要因のひとつという記事を書いたので、Linuxを利用する理由がひとつ増えましたね。

 次に、IISの代わりのスクリプト言語を攻略できれば、移行は可能になりそうだ。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

西宮市の古いマンホールの蓋

肺活量 6500cc