蟻の蛹を捕食する青帯蝿捕蜘蛛

アオオビハエトリ(青帯蝿捕蜘蛛、AOOBI-HAETORI (Jumping spider)) Siler cupreus (Simon, 1888) 動物界(Animalia) 節足動物門(Arthropoda) クモ綱(Arachnida) クモ目(Araneae) ハエトリグモ科(Salticidae) Siler属(Siler)   播磨中央公園(兵庫県加東市下滝野)にて

 先日、播磨中央公園に行った際に蟻の行列を見つけたので、観察していると周辺に何匹ものアオオビハエトリ Siler cupreus (Simon, 1888) が集まってきていた。アオオビハエトリは蟻が主食なので珍しい風景ではないのだが、上の写真を見ると、蜘蛛好きの人なら、あれ??と思うのではないだろうか?

 上のメスが捕まえているのは蟻のサナギなのだが、蜘蛛は動くものしか食べない筈なので、狙って食べたのか、偶然食べたのかで、蜘蛛の生態の考え方が変わってしまうかもしれない。

 専門家ではないので、これ以上の調べようは無いが、なかなか面白い写真が撮れたので嬉しいものだ。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

六甲アイランドの翠亨園の飲茶バイキング。

クロアナバチの子育て