骨格標本

ヒクイドリ(火食鳥、Southern Cassowary) Casuarius casuarius (Linnaeus, 1758) 動物界(Animalia) 脊索動物門(Chordata) 鳥綱(Aves) ダチョウ目(Struthioniformes) ヒクイドリ科(Casuariidae) Casuarius属(Casuarius)   王子動物園にて
ヒクイドリ(火食鳥、Southern Cassowary) Casuarius casuarius (Linnaeus, 1758) 動物界(Animalia) 脊索動物門(Chordata) 鳥綱(Aves) ダチョウ目(Struthioniformes) ヒクイドリ科(Casuariidae) Casuarius属(Casuarius)   天王寺動物園(大阪市)にて

 理由ははっきりしないけど、骨格標本の写真を撮るのが好きだ。興味の対象が「形」なのかもしれない。普段動いている姿と全く異なる姿が現れるというところが興味深い。

 上の骨格標本はニューギニアに棲むヒクイドリ。骨を見ると、羽根の状態や質量バランスを考えるとお尻が重そうだなぁと想像できる。

 ちなみに、スターウォーズの AT-ST やマクロスのガウォーグの用な鳥形ロボットといわれる機械は人間の膝と反対に折れ曲がる逆関節型の足が付いているが、トリの足は太股の部分が見えにくいだけで、人間と同じように膝、足首の2箇所に関節がある。

Dr.スランプあられちゃんのフィギュア。懐かしい逆関節型の2足歩行メカ。

 鳥形ロボットの膝に相当する部分は実は足首なのだ。実際にレゴブロックなどで再現してみれば分かるが、関節が1つだけだと、歩幅が極端に小さくなる。太股を使って、脛を前に繰り出さなければ歩幅が稼げないし、稼働に必要なエネルギーも非常に大きくなる。

 足(脚)というメカニズムはなかなか面白いのだ。

 あと、骨の平たい部分は筋肉が密集して張り付く力が入る場所であることを示している。ゴリラの頭蓋骨の頭頂部をみると噛む力がどれほど強いのか非常に興味を引かれる。

ニシローランドゴリラ(Western lowland gorilla) Gorilla gorilla gorilla (Savage, 1847) 動物界(Animalia) 脊索動物門(Chordata) 哺乳綱(Mammalia) サル目(Primates) ヒト科(Hominidae) ゴリラ属(Gorilla)   王子動物園にて

 などなど、骨格標本はいろいろ考える機械を与えてくれて面白い。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

インドレストラン「シュクリヤ」

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。