セイタカノウタケ(Pestle Puffball) Lycoperdon excipuliforme (Scop.) Pers. 1801

セイタカノウタケ(Pestle Puffball) Lycoperdon excipuliforme (Scop.) Pers. 1801 菌界(Fungi) 担子菌門(Basidiomycota) ハラタケ網(Agaricomycetes) ハラタケ目(Agaricales) ホコリタケ科(Lycoperdaceae) ホコリタケ属(Lycoperdon)   兵庫県立御影高等学校 六甲山のキノコ展にて  採集地:神戸市北区再度公園修法ケ原 採集日:2009年10月30日

 日本で数例しか採取例がないというセイタカノウタケを見るために県立御影高校の「六甲山のキノコ展」にお邪魔した。快く写真撮影に応じていただき、Wikimedia commons への掲載についても了解を得られたので、ボチボチと写真を登録していくつもり。

 つもりだったのだが、分類の確認作業に非常に手間がかかり効率が悪くてやってられないという感じ。

 どうも菌類(Fungi)については、分類手法が一本化されていないらしく、なおかつ、シノニムの多さも半端ではない。上のセイタカノウタケの場合、Encyclopedia of LifeCABI Bioscience Databases によると、Lycoperdon excipuliforme (Scop.) Pers. 1801 なのだが、日本で流通しているのは主に、Calvatia excipuliformis (Scop.) Perdeck のようである。

 キノコは観察しやすいので、ファンが多いらしく、思った以上にネット上には写真が多い。ただし、学術情報は少ないように思える。

 セイタカノウタケは日本では珍しいが、海外ではそれほど珍しいキノコではないようで、写真は結構見つかり(Lycoperdon excipuliforme)、ちょっと拍子抜け。標本を撮った写真は、実際に生えているところを撮った写真は敵わない。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

西宮市の古いマンホールの蓋

肺活量 6500cc