eGroupWare



 まだまだ Groupware の探索が続く。Open-Xchange はとても機能が高いがインストールが非常に複雑。なので、利用は断念した。

 代わって、利用し始めたのが、eGroupware。何年も前にPHPと一緒に試してみたことがあるが、長い間放っていた。放っておいた間に状況が変わり、Ubuntu であれば、パッケージからインストールできるのでとても簡単にインストールできるようなっていた。便利。



 日本語のマニュアルがないようなので、見通しは良くないがなんとか使える。グループ管理も可能だし、プロジェクトを基点として、カレンダーや施設予約にも発展できるところが便利だ。芋蔓式に情報が繋がるというのがとてもコンピューター的でいい。

 日本語の取り扱いが完全ではないが運用するのには大きな問題になりそうではない。とりあえず、これを採用しようかと考えている。

 日本語の翻訳は本家にコントリビュートできるように頑張ろう。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

西宮市の古いマンホールの蓋

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

インド料理の食べ方

バラクーダのブラックリスト Barracuda blacklist