空を飛ぶ動物を撮るのは難しい

昼間のコウモリ

 空を飛んでいる動物を撮影して困るのが露出補正の度合い。どれぐらい+にバイアスすれば綺麗に撮れるか、まだまだ経験値が足りないなぁと実感させられる。

 露出補正で怖いのが、白飛びで後から補正不可能になることなので、どうしても抑えぎみにしてしまい暗い画像になってしまう。+側に補正するとシャッタースピードも遅くなるので、ISO感度を上げるなどの工夫も必要だ。このあたりの複合的な要因の分析と操作の迅速性というのが今のところの大きな課題。精進しよう。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

カリフラワーは旨いな。

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

モールミラガイ(カードチリ)

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

神戸で食べられるビリヤニ