コウライモロコ

コウライモロコ Squalidus chankaensis tsuchigae (Jordan & Hubbs, 1925) 動物界(Animalia) 脊索動物門(Chordata) 条鰭綱(Actinopterygii) コイ目(Cypriniformes) コイ科(Cyprinidae) スゴモロコ属(Squalidus)   名古屋市東山動植物園にて

コウライモロコという魚に最初に会ったのは大阪水道記念館だったと記憶している。大きな目が印象的な魚だ。名古屋市東山動植物園の世界のメダカ館にも展示されていたので写真を登録しようと思ったら、学名が確定していないそうで、魚の分類において最も信頼の高い Fishbase では、イトモロコ(Squalidus gracilis gracilis)として紹介されている。

こういうのが困るんだなぁ、、、。

とりあえず、日本語版のWikipediaに写真がなかったので、Squalidus chankaensis tsuchigae として登録しておいた。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

六甲アイランドの翠亨園の飲茶バイキング。

クロアナバチの子育て