ハラビロヘリカメムシ(Homoeocerus dilatatus)

ハラビロヘリカメムシ(Homoeocerus dilatatus)の幼虫

 カメムシの幼虫というのは、普段あまり目にしないのではないかと思います。実際に出会ってみると、結構変わった姿・形のものが多く、なかなか面白いです。

 上の写真は、ハラビロヘリカメムシ(Homoeocerus dilatatus)の幼虫。葛(クズ)に付くカメムシなのですが、葛の葉裏の色にそっくりで、何気なく見ているとまったく気が付きそうにありません。たまたま葉の表側にいたのと、それが影になってシルエットが見えていたので、発見した次第。

 太い触覚が結構コミカルな印象で、可愛らしく見えるのではないでしょうか。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

インド料理の食べ方

ベジタリアンを軽んじたらアカン

モールミラガイ(カードチリ)

クロアナバチの子育て