IIS5.0で多言語ページ

キマダラセセリ(Potanthus flavus)

 新たにシステム構築をしようという気はほとんど無くなってしまっているのだが、一つだけ魅力的に感じるものがある。それは、サイト全体をUnicodeで構成することなのです。現在サーバーとして、Windows2000 ServerのIIS5.0を使っているのですが、Unicodeの取り扱いが難しく、やれる事がかなり制限されるようだ。

Windows 2000 における ASP を使った Web ページの多言語対応化


というぺーじで、UTF-8 データの処理には Response.Write しか使用できません。Request.Form、Request.QueryString、Server.URLEncode などのメソッドは、UTF-8 エンコードをサポートしません。 という記述があり、参照以外の仕組みを作るのがなかなか難しそうであることが分かってしまい、ちょっと意気消沈。

 やっぱりLAMP、若しくはWAMPで再構成するのが順当なのだろうか。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

インド料理の食べ方

Xfce環境でCaps LockをCtrlに変える。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

西宮市の古いマンホールの蓋

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!