2006/05/19

ナナフシモドキの幼体

ナナフシモドキ(Baculum irregulariterdentatum)の幼体。ナナフシ自体を見たのは数えるほどしかないので、これまた感激。

 昨日は曇り模様だったけれど、ムシの活動はまずまず。昼休みに巡回すると結構新しい種類のムシ達を見ることができました。

 ツツジに黒い甲虫が止まったので見てみると、これがオトシブミ。実物を見たことがなかったので、写真に撮りたかったのですが、意外にも素早く飛び去ってしまい写真を撮れなかった。一旦は飛んでいるところを手で捕まえたのですが残念...。

 他にもハムシやゴミムシ、カミキリで見たことのない奴を発見。昼休みギリギリに出くわしたのが上のナナフシモドキ(Baculum irregulariterdentatum)の幼体。丁度長めの爪楊枝といった感じの棒切れのような体と細く長い足をじんわりじんわり動かしている様はかなり可愛らしい。実物を見るのは多分初めてなので嬉しかった。

0 件のコメント: