オビマルツノゼミ(Gargara katoi)

オビマルツノゼミ(Gargara katoi)。ツノゼミの仲間はとても会いたかった昆虫の一つ。ネットでツノゼミを調べてもあまり情報がないのが残念なところ。オビマルツノゼミは目の後ろ(上)に黒漆で書いたような紋章に似た模様があり格好いい。パッと見では分からないのですが。

 昨日は、オビマルツノゼミ (Gargara katoi)というツノゼミに出会った。ツノゼミは南米あたりに戦国武将の兜のような壮絶な形をした奴が棲んでいて、いつか見てみたいと思う。

 日本に住んでいるツノゼミは背中に2本の角が生えている程度の大人しい造形だということだ。もっと小さいものかと思っていたが、体長は4mm程度で目視可能なサイズ。装甲車のような物々しい外装が面白い。

 大きくすると分かるのですが、目の上の部分に黒漆で描いた様な紋章のような紋があり、なかなか格好いいです。新種を発見したら攻殻角蝉(コウカクツノゼミ)なんて、名前を付けてみたいですね。

オビマルツノゼミ(Gargara katoi)

コメント

Kamimura さんの投稿…
 こんな虫もいるんですね!
 驚きです。
 まだまだ、日本の自然も捨てたものじゃないですね。
OpenCage さんの投稿…
不思議な形の虫はまだまだいるでしょうね。毎日新しい虫に出会えないかと期待しています。

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Dokuwiki の interwiki で、Google翻訳へのショートカットを作成する際は一癖あり。

インド料理の食べ方

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

モールミラガイ(カードチリ)

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。