蜂の飛び方を真似るハグロケバエ

指に止まったハグロケバエ (Bibio tenebrosus)。左手でGX8を取り出して撮影。

 ネットで検索してもそれらしい情報はないのですが、ハグロケバエ Bibio tenebrosus の飛んでいる姿を見ると、長い後ろ足を垂らして悠然と飛んでいるため、まるでアシナガバチのように見えます。

藤(フジ)の花の向こう側を飛んでいるのがハグロケバエ (Bibio tenebrosus)。だらりと下げた後ろ足があたかも蜂のように見えます。

 黒い体色というのも実は空を飛んでいると、体が陽の陰になって黒くなることを真似ているのかもしれません。昆虫の擬態は主に目のいい鳥類(人間よりも性能がいい目を持つ鳥がたくさんいるそうです。)への対抗と考えられているので、人間がハッとするのであればそれなりに鳥にも有効なんではないでしょうか。

 昆虫の擬態は本当にいろんな形態があって面白いです。

コメント

このブログの人気の投稿

眼精疲労と斜位補正のプリズム加工

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

パノラマ写真の解像度調整

14年目にして判明したガラス戸のサッシの歪み:建具の不具合はマンション購入の盲点

Nexus 5X のブートループ(Boot loop)を無理やり直した。

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

WindowsOSでBOINCの再インストール時の留意点:以前に使っていたドライブやディレクトリが無くなっていたら要注意。regedit で指定値の変更が必要。

ザクロが好き。でも自分以外には種が不評なので種を潰さずにジュースにしてみよう。