実体参照

アユタヤの遺跡のライトアップ

 多言語で構成するページを仕事で作っているのだが、自分がこれまでよく使ってきた IIS + MySQL という構成だと、UTF-8で全体を作るのがかなり面倒。いろいろ試してみたが、ブレイクスルーは訪れず、同じようなことを何度も試すという徒労に終始してしまった。

 今日は朝5時に起きて、いろいろと試してみたのだが一度元に戻して最初からやってみようと思い、データをいったんdeleteして、フォームからデータ送信を行ってみた。すると、今まで文字コードをUTF-8だのUCS2だの、ごちゃごちゃと試していたのがうそのように、スキッとスペイン語や韓国語が表示される。おおおーと思ってソースを見ると、日本語と英数以外は全て実体参照化されていた。なんと、Firefoxがフォームに貼り付けた瞬間に実体参照化してくれた訳ですね。

 ということで、日本人が見る分には問題ないけど、広く日本以外の人に読んではもらえないという状況が出来上がった。仕事的にはOK、自分的には全然駄目なんだけど、とりあえず時間も無い事だし、これで行っちゃおう。

コメント

このブログの人気の投稿

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

神戸で食べられるビリヤニ

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

Nexus 5X が起動しなくなり、Sony Xperia XA1 Plus を買ったのだがカメラが残念すぎる。