Chunky Chat Masala は旨い。

ガネーシャ ガル(インド料理)はランチではカレーの辛さは調整してもらえませんので,自分で唐辛子やマジックスパイスを掛けます。

 神戸ハラルフードで、チャンキーチャットマサラ(Chunky Chat Masala)というスパイスミックスを買った。どこかで食べたことがあるなぁと思い返してみると、ガネーシャガルのテーブルに置かれていたものが間違いと思われる。

 内容は、「White Salt, Dry Mango, Black Salt, Cumin, Musk Melon, Black Pepper, Pomegranate Seeds, Coriander, Mint Leaves, Dry Ginger, Nutmeg, Chilli, Caraway, Bishop's Weeds, Cloves, Asafoetida.」となっている、不思議な酸っぱさがある本当に旨いマサラだ。酸っぱさの元はマンゴーだと思う。チャットマサラは、デザートに良く使われるもので、元は屋台で考案されたものが一般化したんだとか。チャンキーの意味は不明。

 昨日はこれを使って、パプリカとソラマメでサブジ(適当に作ったのでインド料理にはないもの)を作ってみたのだが、かなりイケる味で満足した。マスタードシードをテンパリングして使ったが、クミンシードの方が合っていたと思うので、再度挑戦だ。

 ライタにしても旨いので、消費量が多いから買い増ししておかなきゃ。

コメント