米とインド料理

大阪国際空港(伊丹空港)にて

 かつて、インド料理にはナンが必須と思っていた。たくさん本を読み、情報を得ていくと、もっと広い世界が見えてきた。でも、インド料理屋で安易に出てくる日本米の旨くなさは不思議だ。

 いまは、米に合うのはなにか、とか、逆にカレーに合うのは何か? という見方ができるようになった。凄いことだと思う。

 で、料理を作りはじめて思うのは、インド料理のポテンシャルはこんなものではない、ということだ。もっともっと、米との取り合わせにたくさんの可能性がある。

 もっと沢山学び、インド人側にも情報を伝えられるような人になってみたいものだ。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

トビウオの素晴らしい輝き

Google スプレッドシートの Text関数に英語の表記がない。でも、英語じゃなくても表示ができる。

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

雪の結晶 Snowflakes