消せるボールペンで絵を描くために2種類のペンを比較してみた。

消せるボールペンでの絵の描き心地を比較してみた。左:パイロット フリクション(FRIXION) 0.4mm、右:ユニ ファントム(FANTHOM)0.5mm。絵を描くという点では軸を寝かせると紙に引っかかってしまうフリクションはスムースさに欠け非常に使い勝手が悪い。
消せるボールペンでの絵の描き心地を比較してみた。左:パイロット フリクション(FRIXION) 0.4mm、右:ユニ ファントム(FANTHOM)0.5mm。絵を描くという点では軸を寝かせると紙に引っかかってしまうフリクションはスムースさに欠け非常に使い勝手が悪い。

たまたま購入した消せるボールペンの使い勝手が良かったので本格運用することにした。できればモレスキンに絵を描きたいので市販されている2種類のペン、パイロット フリクション(FRIXION)と、ユニ ファントム(FANTHOM)で絵を描き比べてみた。モデルは可愛いオオハシの笛の置物。

まず、絵の描き心地はファントムの勝ち。2枚目の写真にペン先の写真を置いたが、フリクションはペンを寝かせるとボールポイントを包むペン先が紙に当たり、引っかかるのでスムーズに描くことができない。このため形を再現するのも苦労するし、ペン軸を垂直近くに持ち上げなければ連続した線が描けない。また力を抜いて線をかすれさせることもしにくい。フリクションは0.4mmのペン先だけれど、ペンを立てないといけないので0.5のファントムよりも太い印象だ。

消せるボールペンでの絵の描き心地を比較してみた。左:パイロット フリクション(FRIXION) 0.4mm、右:ユニ ファントム(FANTHOM)0.5mm。消すことに関してはファントムでは消しムラが発生してしまい同じ場所を何回か擦る必要がある。

もう一つの性能比較は消し心地。上の写真は左がフリクション、右がファントムに付属しているインク消しで消したものだ。分かりにくいがファントムで消した跡はどちらのインクに対しても完全に消えていないし脇の方に消しムラが発生している。それに比べフリクションはほぼ綺麗にインクが消えている。写真は用意していないけれど、ファントムが軟質プラスチックのインク消しなのに対して、フリクションは固いグミのようなシリコンを使っている。素材の柔らかさが大きな要因。

ということで、結論としては、消えるボールペンを使って絵を描くのであれば、ファントムで描き、フリクションで消すという組み合わせがもっとも適しているのではないかと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

トビウオの素晴らしい輝き

Google スプレッドシートの Text関数に英語の表記がない。でも、英語じゃなくても表示ができる。

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

雪の結晶 Snowflakes