InkscapeでDTP

水飲み鳥の玩具。なんという名前だったのか忘れてしまった。  ちょっとしたDTPをする必要があったのでUbuntuにinkscapeを導入(本来、こういう用途であればScribusを使うべきなのだが)。  元になってる作例はちょっとやり直しさせていただいて、Flikrの画像を背景に作り替え。ドロップシャドウで文字を浮き上がらせたり、フォントを選らんだりするのがとても楽しい。  Inkscapeの難点について気がついたことは、まず複数ページを作れないこと、もうひとつはフォントのぷレビューが小さいこと。  複数ページを持てないのはSVG1.1の規格が持つ制約だそうだ。フォントのプレビューは実装の問題。改善されたら嬉しいな。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

トビウオの素晴らしい輝き

Google スプレッドシートの Text関数に英語の表記がない。でも、英語じゃなくても表示ができる。

インド料理の食べ方

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

帰ってきた Digital HiNote Ultra II

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

雪の結晶 Snowflakes