ハウルの動く城を見た。

 城(家ですけど)が王蟲のように動いてました。以上。

 では,なんなので,もうちょっと。

 風の谷のナウシカが映画で公開されたのは1984年。CGなどが無かった時代ですので,当時のアナログ技術を駆使して作られたそうです。王蟲は体の節が多くセルで書くと大変なのと質感を出すために,紙に描いた節をパンツの平ゴムで繋げて伸縮させながら撮影したとのこと。
 あの世界観ならCGで再現しても面白そう。土鬼とか蟲使いが一杯出てくる映画は見てみたいなぁ。

コメント

このブログの人気の投稿

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

カリフラワーは旨いな。

インド料理の食べ方

Waze を使うと、Google Maps のタイムラインが粗いのが不思議。

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

モールミラガイ(カードチリ)

子供が腸重積(ちょうじゅうせき)に

神戸で食べられるビリヤニ