刃物砥ぎを久しぶりにした。

包丁研ぎは左側が苦手。鋼部分が刃先に行くまで真っ直ぐになっているのが理想。精進あるのみ。 刃物砥ぎは結構好きなんですが,なかなかする機会を逸してしまい,前回研いだのが何時だかもわからない程になってしまった。今日は久しぶりに包丁を研いだ。ちょっと嬉しい。
 普段からこまめに研いでいればあまり気にしなくてもいいんだけれど,期間が開くと研ぐのに時間がかかるし,時間がかかる分,力の入れ具合に差が出て,両刃の研ぎ方のバランスが崩れる。最低1週間に一度は研いでおきたいところ。
 まだまだ包丁を動かす角度を一定にすることができないので,鋼部分が丸くなっていて格好悪い。こうなると切ったものが貼り付きを起こすので,腕の動きを工夫することが一番の課題だ。
 奥が深い技術だけれど,やった分だけ切れ味に返ってくるので,精進し甲斐がある。切れる包丁は何故か使って嬉しいものなのだ。

コメント

このブログの人気の投稿

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

蘇民将来子孫家門の注連縄

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ベジタリアンを軽んじたらアカン

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

クロアナバチの子育て