感染対象をGoogleで検索し攻撃するワーム出現。

今日の朝 えらい厄介なものが出現しました。スクリプトの欠陥を突いて攻撃して内容を改竄し,googleで対象を検索して,また攻撃するとのこと。
 スクリプトにワームを仕掛けられるなんて考えてないでしょうから,一気に感染が広がったみたい。大体設置者はスクリプトの中身まで理解できないでしょうから,対応のしようがないことに。
 現在はgoogle側が検索に応答しないように対策したので感染の拡大は食い止められているようですが,今回の件はエポックメイキングとなり,同種の手口が使われる可能性が大きい。
 スクリプト作家の人たちにとっては脅威ですね。今後は公開も含めて慎重にならざるを得ないでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

眼精疲労と斜位補正のプリズム加工

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

パノラマ写真の解像度調整

14年目にして判明したガラス戸のサッシの歪み:建具の不具合はマンション購入の盲点

Nexus 5X のブートループ(Boot loop)を無理やり直した。

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

インド料理の食べ方

WindowsOSでBOINCの再インストール時の留意点:以前に使っていたドライブやディレクトリが無くなっていたら要注意。regedit で指定値の変更が必要。

ザクロが好き。でも自分以外には種が不評なので種を潰さずにジュースにしてみよう。