感染対象をGoogleで検索し攻撃するワーム出現。

今日の朝 えらい厄介なものが出現しました。スクリプトの欠陥を突いて攻撃して内容を改竄し,googleで対象を検索して,また攻撃するとのこと。
 スクリプトにワームを仕掛けられるなんて考えてないでしょうから,一気に感染が広がったみたい。大体設置者はスクリプトの中身まで理解できないでしょうから,対応のしようがないことに。
 現在はgoogle側が検索に応答しないように対策したので感染の拡大は食い止められているようですが,今回の件はエポックメイキングとなり,同種の手口が使われる可能性が大きい。
 スクリプト作家の人たちにとっては脅威ですね。今後は公開も含めて慎重にならざるを得ないでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

Ubuntu で 右クリックでファイルのパスを取得したい → 難しいことは不要だった。