利用しているダイナミックDNSサービスにDDoS攻撃が

加納町の交差点。陸橋の上から車のライトの軌跡を捉えてみました。

 opencage.info が今日は利用できない状況が何時間かあったようだ。原因は、利用しているダイナミックDNSサービスへのDDoS攻撃によってドメインの名前解決が出来なかったため。

 現在利用しているダイナミックDNSサービスは 無料でフルドメインを利用できる EveryDNS http://www.everydns.net/ 。つい先ほど復旧し、胸を撫で下ろしているところだ。サイトにちょっと顛末が書いてあるのだが、"400mbps attack" とあるので、凄い状況だ。特にDNSは名前解決という仕組みのための受信を拒否することができないので対応が難しいらしい。

 EveryDNS は将来に渡り無料で提供されることが約束されている稀有なサービスなので、とても人気が高く、103559 ものドメインで利用されている。逆に言うと、ここを攻撃すれば 103559 のサービスを止められる訳だ。恐ろしいことだ。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

IKEA KOLON(フロアプロテクター)は床に悪影響を与える可能性がある。

Nexus 9の熱暴走癖、バッテリーが少ないと発生しやすいようだ。

インド料理の食べ方

Firefox urlエンコード機能をUTF-8化する方法。

門司港の中華料理店「萬龍」は美味しくって親切でいいお店