キングペンギン(Aptenodytes patagonicus)

キングペンギン(Aptenodytes patagonicus)が野外展示されていました。海遊館にて

 海遊館のイベント広場で雪遊びとペンギンパレードが開催されるというので行ってきました。ついでに、海遊館にも入りたいところなのですが、冬場はすごい入館者が多いようなので、今回はパス。パレード待ちのキングペンギン(Aptenodytes patagonicus)を撮影してきました。

 姿がかわいいキングペンギンですが、間近に見ると嘴もかなり鋭いし眼が怖い。特に眼は表面に透明な膜が被っていて、見た目の印象が普通の鳥類と違い、爬虫類に近いような感じです。コウテイペンギン(Aptenodytes forsteri)とほぼ同じの、あの独特の色の組み合わせはどういう必要性があってああなったのか、とても不思議。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

ベジタリアンを軽んじたらアカン

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

インド料理の食べ方

モールミラガイ(カードチリ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

クロアナバチの子育て