息子と二人でテボテボと

カキノキ(柿の木、Persimmon, Kaki persimmon) Diospyros kaki L. f. 植物界(Plantae) 被子植物門(Magnoliophyta) 双子葉植物綱(Magnoliopsida) カキノキ目(Ebenales) カキノキ科(Ebenaceae) カキノキ属(Diospyros)   神戸市東灘区にて

 日曜日にスクーターに乗った息子と二人で住吉から六甲アイランドまで、テボテボと歩いた。息子と他愛もないことをペラペラ、ペラペラ喋りながら住吉川を下っていくと、案外早くに南魚崎駅まで着いてしまう。南魚崎から六甲ライナー横の陸橋を使って、運河を超え、六甲アイランド大橋を渡ればもう、アイランド北口だ。六甲アイランドに入って、マテバシイやスダジイの団栗を拾い、アイランドセンターに到着。所要時間は1時間半程度。楽しい時間を過ごす事ができた。

コメント

このブログの人気の投稿

何故MSはOffice Document Imaging を捨てたのか、、、

2才5ヶ月の息子の絵が上手すぎる!

蘇民将来子孫家門の注連縄

url に日本語が含まれている場合の Firefox と IE の挙動の違い。

ヤマモガシ(山茂樫、Helicia cochinchinensis Lour.)の大木 三重県鳥羽市相差(おおさつ)

Technorati Weblog: Welcome to our new Public Beta!

ベジタリアンを軽んじたらアカン

モールミラガイ(カードチリ)

インド料理の食べ方

クロアナバチの子育て